人気ブログランキング |

そぼくなおかし。おかしなブログ。

タグ:想い ( 107 ) タグの人気記事




今日からブログ引っ越しました。

e0308337_17365146.jpg
今日からブログ引っ越しました。




そして有料化にしました。

ずっと何年も想いを綴ったブログ。
手放すのは勇気いります。

でも。
無料で、全て公開すると
ただの役に立つコンテンツでしかなくなり
違う土俵の方も上がってくるように
なったので。。
ほんとに必要な人に届けたいから。

大切な人たち
大切で大好きな店たち
菓子のこと。

それから違う土俵の人たちの
視点を嫌うわけではなく
それも、あっても私はほんとに良い。と
思うから
ただ土俵が違うだけ。
そして、
その人たちをわざわざ
傷つけたくない。
から、あえて
有料化で区切りました。

それをさらに
深く骨折って言語化しました。
今回は2.6.2という法則が決め手でした。
その意味、それから感じた行動、
これから、、
書きました。

ほんとに応援してくれる人を大切にしたい。
そして、
言葉が好きなんです。
やから書くことは
お菓子を焼くことと同じくらい
やめられない。

どれもほんとに
ちゃんと伝えたいから。
ちゃんと必要と思ってくれる人に。

多くはここでは語りません。

違う土俵の方もいらっしゃると思うので
お互いのために。

では。これでこのサイトの中では最後です。
このそぼくな。ブログもアップデートの時期がきたようです。

私の20代と30歳を真っ直ぐに綴った
エキサイトブログ。

お別れです。

次はnoteで。
ありがとう。
ほんとに今までエキサイトブログ、
読んでくれた方、ありがとう。

ゆ季









by gateaux0141 | 2019-02-03 17:36 | 思うこと

お。来たねって感じ。

お。来たねって感じ。
e0308337_01104121.jpg


旅のこと書くいうて

ちょっと今回は書きません。



炎上したよインスタのDMが。

来るやろなって思ってたよ。


でもさ、
私は私の考えを述べたいだけ。
もちろん
行動して体験したことを。
それにつきる。
嘘書いちゃいないしさ、

正解作りたいわけちゃうし。

答えはそれぞれあっていいんだよ。

私がそう思った。

それをわざわざ
炎上覚悟で何で言うか
わかってる?

ちゃんと私という人間を
好きも嫌いも思考のある人間を
みて作るお菓子として
判断して買って欲しいから。

それで、
あ、違うわ。思ったら
買わんでいい。
スルーしたらいい。

だってそもそも思考が違うから
同じ土俵にたつ気ないよ。

ほんとに批判とか
悪口ちゃうねん。

私はこうだ。と言いたい。
言わないとわたしの思考を含めた
お菓子は伝わらない。
キラキラ上部
綺麗事を売りたいわけちゃうし。
そんなお菓子それこそ
企業がやってくれる。

あなたはあなたでいい。

価値観を統一する気は一切ない。
多様でいい。

なのに
なぜ、型にはめようとしてくる?

みんな違ってみんなよくない?

でもね、
だからって、キラキラだけを
伝える八方美人は嫌なんだ。

なのでもう
ほんとにほんとに
ストーリーに
#ブログ更新しました。
言うのんやめますね。
ほんで
考えはツイッターに
ブログも有料化考えます。

久しぶりの大阪行って
このブログを
楽しにしていただいている人が
こんなにもいたこと
すごくすごく嬉しかった。

だから無料でこれからも。
なんでも出していこう!て思ってた。

けど、

そろそろ
住み分けんと
歩んで行く中で
大切な方、
守るものもたくさんできた。
その人たちさえも
私というフィルターを通して
悪影響を及ぼしたくない。

良いものは良いって
伝えたい。

でもそれさえも
上部だけを拭われ
変なフィルターをかけて見る人が
現れるのならば
無料で公開するのには
もうそろそろ限界かな。



足引っ張られる時間ない。

今回の件で吹っ切れた。

キラキラばっかりインスタで
売ってると
変なものまで釣っちゃう。

みんながみんなお客さんー!は
機械化だよ。
私はね。そう思う。
あなたはあなたが大事にしたいこと
したらいいだけで

なぜそれを
わたしに求めるの?

わたしの人生
あなたの人生

人間味、暖かさがあるからこそ、
意見いうんだよ。



発言気をつけた方がいいって

それはわたしの言葉なのだから

私が決めること。


e0308337_01093537.jpg

あ、無事に徳島つきました。
ありがとう。







by gateaux0141 | 2019-02-03 01:08 | 思うこと

二人の作り手


朝9時ごろから
ぶっ通しで焼いてたらもうすぐ15時やね^^;


仕事って重なるとき重なるよね
って重ねたの私。(笑)

でも楽しいんよねひたすら焼くの。
。。。
。。。
。。。

私の中の一人の作り手はね。



無になれるんよひたすら集中して焼く。

最近知ったんやけど
フロー状態っていうんやね、そういうの。


これめっちゃ楽しいねん、
けどこれ、やりすぎたら
集中力、ありったけ、使うから
他なんもできひんくなるねん。(笑)
作ること以外
ほかなにすべきやったこも忘れる。

もちろん家事なんてできないよ。
だって足で立つことも出来ないのだから。(笑)

今日はまだ6時間?やから与力はあるけれど

これ毎日何十時間ってやったらほんと
焼くしかできなくなるんよね。

あ、私はね。

っで、

判断能力落ちてくるから

素材選びも
結局作ることも
お客さんとのやり取りも
スタッフとのやり取りもテキトーになんねん。

悪循環の幕開けですな。
好きなことしてるのになんでやろー?
て状態はこれね。


で、
もっと真剣にお菓子と仕事に向き合いたい
もう一人の作り手が

ただたくさん焼きたい作り手と

ケンカしだすんよね。

そしたら頭パニーック!


みたいなのを
雇われ時代やってました。
頭の中で。


で、

今は先に書いたように
ちゃんと説明できるけど
店始めたばかりのころは
この二つの視点をもった
二人の作り手が自分の中にいることを
わかっていなくって。

でも、ただ
あの雇われのときのようなもやっと感はイやだー

ってだけわかってて。

動き出したのです。


ただ、そのもやっとがいやで
そのもやっとは回避したい!

そんな感じ。

でも

たくさん焼きたい自分と

一つ一つ極めたい自分がいる。

ことには気づいていない。
(そして旦那はそんな私に気づいているのにだまっている。相変わらず(笑)。コノヤろー)

どっちも
本当の自分の気持ちで。

でも
どっちもは真逆の行為やからそれを同時にやると
自滅するんですよね。

はてさて、
それから二か月半悩む悩む。(笑)

最初は経営者の自分と
作り手の自分がケンカしてるんかと思ってた。

けどこれじゃぁなかなか解決しない。

そしてまた店しながら
考え考え、、、

やっとこの二人の作り手が出てきたんですよね。
自分のことやのに時間かかる。かかる。(笑)

で、
次はどっちもやりたいんやけどー
に、なる(笑)


それでもまたもんもんとして。

私はこの店で
何をやりたいんやろう?

菓子をとして人生としてなにをやりたいんやろう?
菓子を作ること
表現することは
お金が無くなっても私はやる。焼く。
(実際結婚したてのときも育休でお金ないときも
どうしても焼かずにはいられなかった。)
菓子を焼くことは切っても切り離せないくらい
私の一部。
ただ焼くだけは嫌だ。
そこに限りある時間が付随するから。
大量生産、その時はたのしい。
けどこれ一時的な快楽というか。。
店を約二か月半やった今
なにが心動かされ、
未来の自分、子供たちにとっていいとおもったか?
安売り、大量生産ではなく
ひとりひとりの食べてくれる方と
話す会話。
そこから生まれる
熱をおびた想い、、
もっとおいしいものを作ろうという
信念。
もっと社会をよくしたい。

これは安売り大量生産やと
実現できない。
もちろんたくさんのかたに
食べてほしい思いはめっちゃある!!
だって私のほうがおいしいのに!!
てめっちゃ思う時あるから(笑)
安売り大量生産型に
なってしまうと
いっきに広まる可能性は一つ広がるかもしれない。
けど
ぜったい買っていただいた
全ての方に気持ちを伝える
(言うんじゃなくて伝える)ことは
おろそかになる。
自分自身がお客さんを
お菓子、パンを
粗末にしだすと思うのです。
お金に追われる自分もいる
たくさん焼くことをやりたい自分も
もちろんいる。
けど
いまそれやったら絶対ちがう方向にいく。

やっぱり
私は一人ひとりのお客さんと
真剣に向き合いたい。
安売り
大量生産はしない。
私は
ご縁があって食べてくれるすべての方に
ちゃんと届けたい。
だから
生命力あふれる素材を使いたい。
だから
技術も
メールで書く、話す想いも妥協したくない。
食べてくれる方の会話からの背景も
ちゃんと読みとりたい。
この時間も私の菓子の一部です。
ここ、
お客さんには
見えないけれど。
でもずっとたいせつにしたい。



最初ははやく有名になって
どかんと売れて
はやく安定したいと思ってた。

けれど
それ、見た目だけ。

早く泡立ったメレンゲはすぐにつぶれる。
もろくなる。

チョコレートと生クリームの
乳化のように
少しずつ
輪を広めていくんだ。

やさしくって
確実な輪を。



お客さんからしたら
たかが人生で食べる
一個の
パンや菓子。
であっても
私は
絶対妥協しない。

いつも真剣に向き合いたい。

と作り手の私たちと議論した結果まとまりました。


ので、もう悩むのは終わりです。

この信念を貫くのみですね。

きっとうだつマルシェでも浮くことでしょう。

いいんです、

今の飲食の在り方ではないやり方を
やるために。

新しい働き方
ルールをつくるために
私は店をだしたのだから。


読んでくれてありがとう
ゆ季












by gateaux0141 | 2019-01-31 15:28 | 思うこと

価値とはなんぞやって話

e0308337_23422343.jpg

スーパー5件くらい、
家の周りに
チャリンコ圏内であるねん。

でも、
オーガニックのスパイスや
Nongmoの卵や
添加物保存料入ってない
無塩せきウィンナーや
酸化防止剤不使用の日本のぶどう園のワインや
買おう思ったら、
悲しいかな、
そんなスーパーは無いねん。

で、
自然派◯◯◯◯◯  の宅配利用してるんやけどね、

たしかに無農薬野菜も有機の食材も
充実してるんやけどね、

もちろん
ありがたいんやけどね、

なんか無機質やねん。


 (これから言うことべつに
クレームとかではなく私はこう思ったってこと。
です。)

で、今日宅配やって。
いつも家おるけど
仕事してるから
家の玄関においといてもらってて。

で、3時間後に箱、空けてみたらさ
e0308337_22433865.jpg
バナナ一本完全に
腐っとるー!!!!

3房買ったから
2房は普通やし
いいんやけど。

いいんやけどさ。

明らかに真っ黒で白いカビ浮いとる、、、。

これ、言った方がいいよなー、、
べつにお金はそのままでもいいから
見てもらった方がいいよなぁ、
他にこんなお客さん現れたら大変やもんなー
とりあえず連絡しとこー。

って電話したんですよね。

私「今日届いたバナナの、ひと房の一本が真っ黒でカビが浮いてるんですけど、
見に来てもらえませんか?」

担当者「一本ですよね?皮がですか?」

私「いや、皮なんですけど真っ黒で袋も開けてなくてもわかるくらい
真っ黒で白いカビが浮いてるんです。。
これは、さすがにあかんし、
ちょっと見てもらった方がいいなと思って。」

担当者「もう、会社に帰って来たのでそちらには行けないし、今お客さまからお聞きしましたので、一本分お金引いておきますね。その袋は何本入ってますか?」

私「え、見にこられないんやったら写真送りましょうか?そちらも見ておきたいでしょうし、、。バナナは5本入ってます。」

担当者「いや、写真もいらないです。
処分しておいてください。では5本中1本の金額を引いておきますね。後の4本は召し上がって下さいね。」

私「写真もいらないのですか?
あの、お金は一本分引くのでも
なんでもいいんですけど、
伝えておきたかっただけなので。。
でも、申し訳ないんですけど
後の4本も
そのカビたバナナと密着していますので
捨て去せてもらいますね。
ちょっと食べるのは気持ち悪いので。。」

担当者「捨てるんですか?!じゃあ、ひと房分の金額引いておきますね。
申し訳ございませんでした。
今後ともよろしくお願いします。」



って、言われてん。

なんか、

モヤっとしてさ。

このモヤっとと。
寂しさと
なんやろ?
なんか違うくない?

これ。
お金引くとかどうとか
お金の問題じゃないよね。

この寂しさは

めんどくさい。
という相手の心を読んでしまったから
やなって。

お金引いとくから、ウダウダ言うなと。

ちゃうねん。

私はあなたと会話がしたかった。
誠意が見たかっただけ。

怒ってない。
悲しい。

全く
相手の目線で見ていない。

もう会社帰ってきたからって
15時の電話。。
明日でもいけるし、明後日でもいい。
来ないなら
写真でも確認できる。

なぜ、その会社のミスを
見ようとしない?
またミスを繰り返すよ?

いや、私の店ちゃうからいいけどさ、

暇でこっちも電話してるんちゃうねん。

ほんでな、
無農薬とか有機とか
食べ物に気を使って買う客層が
ターゲットやのに
一本腐りきったバナナの横に
密着する、バナナ、
誰が食べんねーーーん!

自分の会社のお客さんのこと、
ちゃんと見てる?

お客さんの立場で見たことある?

客は神やとは思わないよ。

でも。
ねぇ、これは客と店。
とかではなくって、
その関わる人の起こした背景を
見ることは
大切なことなんじゃないんかな?!
しかもそれが会社のミスで起こったなら、
なおさら。

そんなことよりも、

めんどくさい→だから金引いとこう

が見えすぎて。
 
すみません。

謝られても
なんだか悲しくなるだけでした。。


どれだけ。
無農薬、有機野菜、
いい素材、を扱い、取り寄せていても。

そこの保管の仕方や
心無い作業で終わらしてしまったら

その素材たちは腐る。
死んでしまう。

その素材を信じて
そこの会社を信じて
買う、人のことを思ったら
その態度は違う。絶対違う。

お金じゃなくって
心を返して欲しかった。

無機質なマニュアル?ではなく、
心で対応してほしかった。


だからロボットに仕事奪われるんだよ。

どんな仕事でも就いたなら。

そこに誇りを持って働かないの?

雇われとか
パートとか
バイトとか
社員なんて
関係ないんだよ!

e0308337_23120852.jpg
て。
パン屋時代によくシェフや同僚に
ブチギレていたのを思い出しました。笑)

今日の出来事はキレるわけでもなく。

ただ悲しいのほうが勝っていて。

こんな大きな会社でもあるのかと。

せっかくいい素材、生産者さんのものを
扱っているのに、
乱雑な対応で。

そうじゃない方も、
もちろんいらっしゃるのはわかってる。

けど、
お金引かれたって

一気に信用はなくすよね。
でも。
今日、感じた学びは大きくって。
実は
ありがたい学びやなって思った。

最近ずっと
価値とはなんぞや?って考えてた。

その答えを出してくれた気がする。

どんなに。
どんなにいい素材を使ったって。
どんなに技術や知識があったって。
そこに想いというものがないと、
絶対に腐る。

素材も、
モノも、
人も、
店も、
組織も。

想いがあるから、

人の心を打つんです。

想いがあるから
人と向き合うんです。

想いがあるから
素材と向き合うんです。

想いがあるから

伝えよう。って言葉と行動を
繋ぐんです。。

だから

美味しいもの、
腐らず
発酵(人、もの、コト、全て)したものを届け
価値を生み出すんです。

その価値は
〝心ある想い〟から生まれ、
育つんや。


価値はお金じゃない。


誠意や。



誠意。から

いろんなものが付いてくる。

その付いてくる一つのものに
お金がある。
人、がある。

これや!


って思いました。


e0308337_23214746.jpg


最初、クレームみたいで
読まれてる方
ヒヤヒヤさせてしまったらごめんなさい(^^;;

私が言いたかったのは
価値とは誠意。っていう答えを
言いたかっただけやねん。

ずっと感覚では
わかってた。

けど
言葉にできなくって。

今日のこの出来事で
ちゃんと納得する答えがでました。

私の価値。の答え。


よく、
お客さんの立場になって考えなさい、とは
言われるけど
この言い方って伝わりにくい。

そのお客さんが。
その行動や発言をする前、
どんな環境で
何を想い、
そういう動作をしたんやろう?って

想いやりを、
想いを育む。

だけのことで、

これって


仕事じゃなくても、

友達でも
家族でも

当たり前のことよね?

客は客なのだろうか?


店は店なのだろうか?


それは


お金だけの関係で

成り立つものでしか

ないのだろうか?

そんな気持ちを
相手方に感じてしまって
私は寂しく思ったんだ。




私の店は
それは絶対やりたくない。

人 と  人。として

想いを交換したいんだ。


そこに

価値が

生まれてくるって、信じてる。



読んでくれてありがとう!
焼き菓子屋 そぼくな。
ゆ季












by gateaux0141 | 2019-01-28 22:34 | そぼくな。に向けて

お客さんをもっと信じよう。自分をもっと信じよう。

昨日はね
大阪から中崎町まるっとマルシェ時代の
同じ出展者さんでお客さんでもあって
おねぇさんでもある
ともこさんが
店まで来てくれたんですー!!!!!


ただの厨房ですよ、
店舗もない。

それやのに
『おいしいお菓子がないから食べに来ました!』ってT-T

『送料かかるしね、来たよ!』って
交通費のほうが何倍もかかってるー(笑)
e0308337_21384096.jpg

二年ぶりにお会いしたのに
変わらず普通にお話できること
なんだかすごく嬉しくって。
いろいろ嬉しくって。
結局弱音をはいて
困らせてしまった^^;
ごめんなさい。



こっち来てから
コンビニのスイーツも
どこのお菓子も一緒でしょみたいなこと
食べてもないのに言われたりとか
して。

あぁ、作り手じゃなくって
消費者はそうみるんやなぁ。って
どこかで思ってる自分もいたんです。

それをね、昨日お話してたら、
『私は、作らないけれど、わかるよ。
あんまりお菓子を食べられないからなおさら、
おいしいものを食べたい。
高くてもまずいのはある。
でもここのはおいしいから大丈夫!!!!!
大丈夫!!!!』って。

すんごーーーーーーーーーーく
嬉しくって。
意外で。
食べ手さんを
もっと信じなあかん。

そして
じぶんのお菓子をもっともっと愛して
信じてあげなきゃあかん。

そう思った。


二年経っても
そんなこと言ってくれる方なかなかいない。
けどね、
ともこさんに限らず
あのころ、二年前の
大阪の中崎町まるっとマルシェからのお客さんが
変わらず待ってくれていて
今もそぼくな。を応援してくれている方が
おられて。

二年間、マルシェに出ずやったのに。。
ずっとまってくれていた。
マルシェに関わらず
パン屋じだいから6年前からのお客様も
今でも応援してくれている。

それって
ほんとうに
すごいことやと思うから。

どこか、不安で
お金に不安、経営に不安を感じることもあるんです。

高い値段付けといて何言うとんねんって感じかもしらんけど。

でももっと
自分のお菓子に自分の想いに自信もって

踏ん張ります。
e0308337_21390702.jpg


そして、
お金ももちろん大切やけど
経営的には効率悪くダメとされるのかも知らんけど
やっぱり
お客さんと
人とひとの会話をすること
すごく好きで大切にしたい。

一人で考える時間が
育休ぶりにたくさんある。
だからこそ
あの時よりもいろんな視点でみれる今、
大切にしたいことは
人と人との関わり合い。
そう、感じる。

私は人が好きなんやなぁって。
一人厨房にこもって思うこと。
(あ、心無い人は苦手です。(笑))

たくさん売れたほうがいい。
でも、優先順位はそれじゃない。

店してから初めての経験を通して
それでも。
そぼくな。を通しての
人と人との関わり合いを大切にしたい。

最近すごく思うこと。

歳とって
死ぬ直前に
大儲けした!よくやった!と感じるよりも

私は

たくさんの人と
そぼくな、の想いをとおして
熱く、温かく、人生を関われた。
楽しかったー!!

って言いたいな。と感じたのです。

これが
私の人生で大切にしたいこと。


それが世間で認められなったとき
この店はなくなるでしょう。

でもなくさない。

切り開くんだ。

今日は何年振りかに
絢香の
I believe 聞いたよ。

12年前にこの業界を目指したときに
励みにしていた曲。

今も、この曲が響く。




読んでくれてありがとう。
いつも応援してくれてありがとう。

焼き菓子屋 そぼくな。
ゆ季







by gateaux0141 | 2019-01-25 21:37 | 思うこと

あゆから教わったこと

e0308337_20155785.jpeg
「保育所でね、鬼のお面色塗りするよー!
って子供たちに伝えたんですね。
みんな色塗りするなかで
あゆ君、ひとり眉間にしわ寄せながら考えてて。
でも、色がわからない、とかではなさそうで。」

と、まき先生。

「明らかになにか考えがある、感じだったので待っていたんですね、
そしてらあゆ君、



『。。。あゆ、鬼には、なりたくない。』



って言ったんですーー(笑)」


え、そんなことあるー?!

鬼に色塗ることは決まってるやん?!!

え、その提示された判断基準は無視なのねーーーーーーーーーー


っと

一般論や、普通な、とか
常識に考えてとか

言われること全部無視して

あゆはどうありたいか。

誰をも敵に回さず
むしろファンを増やしながら
自分の意見を素直に言える

あゆに感動したのでした。

そして、それをやさしく受け止めてくれる
まき先生にも本当に感謝です。

悪い鬼さんをやっつけるために
良い鬼さんになるんよ、っと
その後伝えてくれて
納得して
鬼に色を塗り始めた歩です。(笑)


あゆはどこに行っても
誰と出会っても
そのまま大きくなってほしいね、
って出会う方出会う方に
言ってもらっています。

本当にすごいなぁ、って思う。

親ばかなんかな?

でも、

それって
自分はこうありたい。
小さな四才の中に、
徹底してあって
徹底してあるからこそ
あの子はあの子の
一日を人生を
思う存分に
楽しんで
生きている。

だから
人に好かれ、
人が寄ってくるのかなぁ。

不思議な子です。


いい意味で
あの子には
自信がむちゃくちゃある。

押しつけでもない、
ただ、そこに自然にある自信。。


いろんな
情報がありすぎて
あぁ、こうしたほうがうまくいくんや、とか
いろんな知識を
ぞんぶんに吸収して

前に進もうとするけれど

それって

自分の価値基準を
押し殺して
行動しすぎたら

自分を苦しめるだけの情報でしかない。

たとえ、それが
心理学的に
経済学的に
良い、と言われていても、


自分がこうありたい、を
おしころしてしまったら
意味のない情報で。

情報さえも
価値観さえも
流行というものがあることを
ちゃんと理解して
アンテナはってないと
自分の価値基準がやられるなぁ。っと
最近本読みすぎてツイッターで情報収集しすぎて
やられていたので、、
思ったのでした。


どうありたいのか。

菓子では表現できるのに

経営、店ではまだ表現がへたくそで。

迷うんです、

こんな私でも。

でも

あらためて
どうありたいか。

自分は何に幸せをかんじるのか。

自分の幸せの価値基準は
自分でもつことの
大切さ。

素直に表現していく大切さ。


4歳のあゆに教えてもらいました。



今日はね、
となりの町の
まいさんが、
お菓子頼んでくれているのです。

クリスマス便から二回目で。

ほんとうにほんとうにうれしい。


生後二か月のお店を
信頼して買っていただくこと、
本当にありがたいです。

そしてやっぱり
お客さんとの会話が
楽しいし
幸せの価値だな、とあらためて感じています。

お店を通して
得たいのは

焼き菓子の価値を社会に広めていくことも
大切、
やけども
一人ひとりの
お客さんの人生に向き合っていたい。

そこは
やはり
私にとっては譲れないみたい。

だから、
お金の管理をスマートにしたくって
(一人の目では絶対ミスるんですよね。。)
ショッピングカートを作ったけども、

会話はしたい。

でも今後考えたら
やっぱり
BASEは利用すべきだと
わたしは思う。
なぜかというと、絶対数字はミスるから。

でもそこで
お客さんとのやり取りが薄まるのは違うくって。

だから
DMやメール、コメントは
何かあれば
遠慮せずにくださいね。
(みなさん気使っていただいてやさしいかたばかりなので^^;)
すごく励みに力になるのです。

判断基準って
んかなか難しい。

けれど
自分がどうありたいか。

そのたびに
訪ねていこう。

四才の師匠を見ながら。(笑)


読んでくれてありがとう!
焼き菓子屋 そぼくな。
ゆ季










by gateaux0141 | 2019-01-25 10:23 | こども

孤独がやってきた。だから感じる暖かさ。想い。

e0308337_20173634.jpeg

さっき保健所行ってきました。


オープンしてから初めてなので

2ヶ月ぶり。


今の厨房で店頭販売可能か聞きたくって。


結果はダメやったんやけど


ここの保健所の人、心ある人で。


調子どうですかー?

とか

聞いてくれるんです。


で、店のことちょっとお話しして。


あったかい。



やっぱり人が好きだなぁ。って。

感じた。



火曜にMさんに店頭受け取りで

パンをお渡しして、

お話ししてから


やっぱり接客が好きでしょうがない。

ただひたすら菓子やパンに向き合うのが楽しくって。仕方がないって。


そこからめっちゃ店頭販売したくなって。


でもこれ、

心理学的にも経営学的にも

目指す方向を考えたら

今はやっぱりやっちゃいけなくって。

それなら

一ヶ月に一回だけは作り手の私を

満たすために

店頭販売やろう。と


保健所に行って聞いてきたけど

ダメでした(^^;;


でも聞けてスッキリして、

今は本当にネット販売とマルシェだけに絞って目指さなあかんな!!と。


やるしかない。


菓子や、パン、

そこに人が大好きやから


やっぱり価値ある文化を作りたい。


添加物や甘さでごまかさない、

ほんとに美味しく、

身体や心満たされる

焼き菓子や、パンが

もっと価値あるものと

見なされる社会を。



火曜にMさんに会ってから

ただ、人恋しくなったのも事実。


人に会いたい。


接客したい。


経営、新しいこと

新しい文化を

始めるときは

孤独との戦いというけれど


ほんまやなぁ、と思った。



保健所の方が

「いつでも話しに来てくださいね。」と

帰りぎわに。



ありがたい。


その一言だけで


また

感情に流されずに


向き合える。

(単純)



人の背景を想い、

話す言葉というものは

ほんとにすごい力があるなぁ、と思った。

(その逆もしかり)


私もどんな時も

人とお会いするときは

その人の言葉だけではなく

背景を見ようとして接しよう。


心がおじさん化しないように。笑


今日は大阪から

マルシェ時代からの方が夕方に

来てくれるんです。


美味しいの、作ってお待ちしなくちゃ。


では!



読んでくれて

ありがとう。


ゆ季







by gateaux0141 | 2019-01-24 10:32 | 思うこと

保育所という場所が好き。

e0308337_20194695.jpeg

一緒に働くことと

子どもと暮らすこと

を実現したい。


と思って

家で仕事をする、と選んだ道。



でも、なぜあゆは今も保育所に?


て思いますよね。


理由があって、



1つは保育所という場所が

親子ともに大好きで必要だと思うから。


完全にべったり一緒にいたいというわけではなくって。

なにかあった時は

(事柄も、身体のことも心のことも)

いつでも駆けつけられるような仕事の仕方をしておきたい。


それから

保育所はやっぱり学びが親子共々に多い。


いろんな家庭の子がいて

同じ年齢で

家にいたら学べない、

人との関わりを

言語化する前から

体験で身につけること。

自分自身で

その環境に自分の居場所を確立すること、が

学べる。


絶対、絶対、絶対! 

あゆ、しゅうが大きくなった時

力になる。

糧になる。


しゅうを保育所に入れた時から思ってます。

感じてます。


机で鉛筆を動かし

ただ先生の話を受け入れるだけじゃない、

親に頼らず

自分を表現していくこと。を体験できる場所。


今の時代、

なかなか、ない。


だから公立の保育所。を選んでる。



体当たりで先生も私にも子供にも

接してくれている。


今週、

あゆの懇談があったんです。


引っ越して初の懇談。


こっちに来ても担任の先生に

恵まれていて。


「一緒に子育てしていきたいと思ってて。」て


まさか


3年前にあゆを保育所に入れた時に

初めて聞いた担任の先生からの言葉が


また


3年後に

違う先生から聞けるって思ってなくて。



やっぱり保育士さんはすごいなぁ、って思った。


言葉で伝えてくれるってなかなかない。


それから

40分話通して。笑


(だいたい懇談はいつも話しすぎる)



徳島に来ても

子供たちを通した大切な出会いに感謝です。



そう、

昨日しゅうが学校から帰ってきて

「竹馬みんなの前で教えてん!」て

嬉しそうに教えてくれました。


保育所でたくさん体を動かして

学んだことは

やっぱりどこかで生きてくる。


親が全部やらなくていい。


子どもたちは子どもたちの世界を

自分で作り

得たものを成長していく中で

しっかり役に立ち表現し

周りにさらに認めてもらえている。


ただ、それを信じて。


私は私の価値観を

社会に確立していこう。


子どもたちに負けてられないな、って

思ったのでした。


あゆ、しゅうの

先生方いつもありがとうです。


先生たちのおかげで

私も子どもたちも楽しく自信持って暮らせてます!


















by gateaux0141 | 2019-01-24 09:53 | こども

忘れちゃいけないこと

今、パン便の店頭受け取りがおわりました。

我が子が大切に連れていかれました。
e0308337_14453039.jpeg

二回目のお客さんで
徳島で知り合った方。
こんな店として経歴のない私を信頼して買っていただくこと
本当にうれしく
この気持ちをどうあらわしたらいいのかってくらい
ありがたい。

お振込みでも
店頭受け取りでも

お金の重みがすごくあって
紙切れに、
お客さんのがんばれ!!の
想いがたくさんつまってる。



この受け取ったお金を
ちゃんと生かして このお店を発展させる。
これが私の使命。

いただくものはお金だけではなく、
そこに寄り添う想いが嬉しくて。

必ず。形にしていく。


なんだかパン屋の
オープニング時代のことをすごく思い出します。
パン屋のころも全然最初売れなくって。
毎日毎日売り歩く中で
声かてくれる方が増えていったっけ。
2年後には店頭にお客さんが来てくれるようになって。

あの、決して当たり前ではない感動を
今度は自分自身のお店【そぼくな。】
のために
見せてあげたい。

そして
この業界をよくするのだ!
食べ手にも作り手にとっても!

忘れちゃいけない想い。

忙しくなったら
人は忘れるから。


未来の自分へあてて。






by gateaux0141 | 2019-01-22 14:42 | 思うこと

経営方針。

e0308337_11382268.jpeg
たくさん焼いて

たくさん売れたら

充実感もある。楽しい。

でも、そこ止まりだと

やっぱり作り手の枠からは出られない。


私は焼き菓子を価値あるものとして文化を作っていく。

作り手がお給料的にも誇りをもって仕事できる社会にしたいから。


飲食業に目を向ける

社会の空気を変えるのです。

だから経営者としての目を作り出していく。進む。




まずはこれ。をクリアする。


もちろんいろんな視野から見た菓子の考え方

在り方があるから

やりたいことはまだ他にもある。

けれど、まずはこれ。


突き抜けるぞー!







by gateaux0141 | 2019-01-21 11:21 | 思うこと

大阪北区のザ都会のど真ん中から徳島の田舎へ移住。2018.11.15焼き菓子屋そぼくな。オープン!
by ゆ季
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧