そぼくなおかし。パン。

<   2015年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧




焦がしバターのバナナケーキ!(才能応援プロジェクト 料理家部門)

【才能応援プロジェクト】ブログを書いてプロをめざそう!

e0308337_950623.jpg


こんにちは♪
ゆ季です^^

今日は、焦がしバターのバナナのパウンドケーキのご紹介^^

この前ご紹介したしっとり香ばし!くるみパウンドケーキ♪とは、また違う作り方のパウンドケーキです。


パウンドケーキって1つの作り方しかないと思っていませんか?
同じ、パウンドケーキっていう名前でも作り方はいろいろあるんですょー^^
そして、作り方によって、同じ材料でも味、食感、風味に違いがでる。
そこを知ってほしくてレシピアップします♪
違いがわかれば、さらにお菓子作りが楽しくなるょ~♪


私は混ぜ込む具材によって、その具が生きた作り方を考えて、試作するのですが、
その作っている間、考えてる間がとてもワクワクします^^

そこもまた、お菓子のおもしろいところです。



では、材料のご紹介♪

焦がしバターのバナナケーキ^^

全卵 110g(Lサイズ2個くらい)
きび砂糖 70g
塩 1つまみ
薄力粉 80g
バナナ 100g
(1本半くらい)
バター 70g


準備
1、 薄力粉はふるっておく(粉のふるい方

2、バナナはゴムべら等で潰しておく。

3、きび砂糖の器に一緒に塩を1つまみ入れておく。
e0308337_1044328.jpg


4、パウンド型にバター粉を塗っておく
  詳しいやり方→パウンド型にバターと粉をする。

5、オーブン180度20分で予熱。


作りましょう♪


1、バターを、フライパンに入れ、焦がしバターを作る。
  やり方→焦がしバター
   出来たら、フライパンのままおいて置く。

2、全卵をほぐし、そのあときび砂糖、塩をいれ、ハンドミキサーで高速で泡立てる。
  泡立て方→卵のすばやい泡立て方。


3、泡立ったら、低速にして、泡を整えるようにゆーっくりハンドミキサーを回す。
  見違えるほど、キラッとしてきます♪わかると楽しいょ♪
e0308337_10121327.jpg

 キラッとさせるのは、泡立ちを強くして、きめの細かい、しっとりした強いケーキにするため。


4、粉を静かに入れて混ぜます。
  (どーん!っといれると、せっかっく泡立てた卵さんたちが、しぼんじゃう。)
  混ぜていくうちに、カサは少し減ってきます。
  粉の混ぜ方→粉のまぜかた(下から上へ!)
e0308337_10214186.jpg

e0308337_10232415.jpg


5、混ざったら、1で作った焦がしバターを一気に入れます。
e0308337_10241273.jpg


6、で、粉と同じ、下から上の混ぜ方で混ぜていきます。
e0308337_10245425.jpg

  最初は混ざりにくいけど、混ざってきます。
e0308337_10252826.jpg


7、 潰しておいた、バナナをいれて下から上のやり方で混ぜ、準備しておいた型に入れます。
e0308337_10263459.jpg


8、180度20分→その後160度20分で焼きます。
  オーブンによって性格はちがいます。なので、温度も時間も少し誤差があると思います。
  イメージはガツンと一気に火を入れて膨らませ、
  中身をじーっくり、しーっとり焼くイメージです。
  菓子を焼くときは、オーブンの数字を先に追うよりも、こういうイメージをもって、
  どんなふう(食感とか)に仕上げたいかっていうのが大事やと思います。数字でなく、1つの生きたものとして接してあげること。きっとそうすることで、菓子も喜んで美味しくなると思うんです。



9、焼けたら、型を台にたたきつけて蒸気を抜いて取り出し、網の上で冷まします。
e0308337_10415992.jpg

e0308337_1032049.jpg


10、粗熱がとれたら、きっちりラップしてあげて涼しいところで保存。

食べごろは焼いた次の日が材料達が馴染んで美味しいです^^
焼いた日いれて、3、4日まではおいしくいただけると思います。
e0308337_10422040.jpg


焦がしバターをつかったのは、香ばしいバターの風味コクがでてバナナととても合ったから。^^
これに、濃いめのコーヒーがとってもあいますょー!
とーってもしっとり。。の中にバターのコク。。そして、バナナがじゅわ~っと。

くるみパウンドケーキ♪とは、また違った、風味に食感、味わい。。

是非是非、ためしてみて下さいね♪

e0308337_10432812.jpg


才能応援プロジェクトも今日まで!
最後まで、読んでいただいた皆様、応援してくれた人、
そして、大切な時間を使って作ってくれた方々、、ありがとうございました!
とっても嬉しかったです。
この企画が終わっても、ちょくちょく、レシピだしていきますね!!

2015.12.11追記。

最近は4号缶、直径約13cmでこのケーキを焼いています。

より、しっとりし、
ケーキの切り方によって舌にあたる食感、がいいなぁ💕と思ったから。
材料は三温糖→きび砂糖に変換しました。

他の材料、配合、作り方は全く一緒です。
温度は設定温度が170度の40分。

パウンド型とはまた違った食感。
試してみてくださいね😉

[PR]



by gateaux0141 | 2015-02-27 10:51 | レシピ

余ったパイ生地で♪絶品おやつ♪(才能応援プロジェクト 料理家部門)

e0308337_13474329.jpg



こんにちは!ゆ季です♪
今日は昨日紹介した余った食パンで、タルトはいかが♪タルトリヨン!(才能応援プロジェクト 料理家部門)を作る際に余った
下のタルト生地(パータフォンセ)ありますよね?

この、余り生地、どうすんねん!!ってそこのあなた!

今日はその余り生地で、おいしーいおやつ、おつまみをご紹介♪

余りものもおいしく作って食べてあげましょ♪

でも!余り生地でなくても、冷凍パイシート等でもできるので、パータフォンセを作っていない、あなたでもできますよー^^

すぐできる、おやつ、おつまみはいかがですか?^^

材料
パータフォンセの余り生地、もしくは冷凍パイシート

粉チーズ

シナモン

グラニュー糖
(ファーストフードでもらってきたスティック状のやつでも便利♪)

作ります♪

♪まずはしょっぱいおつまみバージョン♪

準備 200度25分で予熱。

1、余り生地を伸ばして~
  帯状にカット!
  で、二枚に一つに粉チーズを乗せる。
  (お好みで黒こしょうも♪)

e0308337_1350856.jpg


2、で、重ねて、ぎゅっとひっつくように押す。

e0308337_13535230.jpg


3、真ん中に切り込みをいれ~

e0308337_13542680.jpg


4、手綱こんにゃくの要領でくるっと穴に生地を入れ、回し成形する。
e0308337_13552956.jpg


5、鉄板にのせ、200度25分で焼く
(オーブンによって数分、誤差あり。)
e0308337_13563183.jpg


6、焼けたー^^
e0308337_13565595.jpg



♪おやつバージョン♪

1、生地を伸ばして~
 シナモン、グラニュー糖をフリフリ♪
 (きなこでも、ココアでも代用OK♪)
 で、手で生地に少し馴染ませる。
e0308337_1412127.jpg


2、 くるくるーと巻いていく。
e0308337_14217.jpg


3、とじ目はきゅきゅっと閉めといてあげる。
e0308337_1424968.jpg


4、カットする。
e0308337_1431897.jpg


5、鉄板に並べて200度20分(オーブンによって数分誤差あり。)焼く。
e0308337_1434648.jpg


6、焼けたー!
e0308337_144543.jpg



食べごろはその日、熱がとれてから♪
サックサクでおいしいよー^^

密閉容器にいれて焼いた日いれて2日はサクサクおいしく頂けます♪

簡単すぎるけど、とってもおいしい♪


少しのおやつ、おつまみにいかがですか~?^^

e0308337_147096.jpg





にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村




【才能応援プロジェクト】ブログを書いてプロをめざそう!
[PR]



by gateaux0141 | 2015-02-26 14:10 | レシピ

いちごの焼きこみタルトとケンカ。

e0308337_12263549.jpg


こんにちは!
ゆ季です♪

今の時期ならでは~!のいちごのタルトを焼きました♪

なぜか、レシピブログを書いたあとは
ただもくもくとお菓子を焼きたくなります^^;

レシピブログ、挑戦してみてわかったこと。

頭むっちゃ使う!!

目も乾きまくり!(パソコンとにらめっこなので)
私が機械オンチやからかもしれませんが

なので、何時間もパソコンの前に座るわけなんです

やからかむちゃくちゃお菓子を作りたくなる!!
いや、お菓子がただ食べたいだけかも。

e0308337_12344381.jpg


で、

急に食べたくなった、いちごのタルトを焼くのです!

パータフォンセの生地をタルトリング敷きこんで、

ダマンド(アーモンドの生地)をぐるぐる絞りいれ
この作業がなんか無心になれて好き^^

e0308337_12383170.jpg


いちごをどーーーーん!!ぽいぽいっ!と載せて。

オーブンでじーくり1時間と少し焼いて、
その間に晩御飯作って

e0308337_1239279.jpg


焼き上がり~♪♪♪

かわいく粉糖ふってお化粧もしてあげて^^


晩御飯後に家族でいただきました^^

e0308337_12405238.jpg



相変わらず一瞬で無くなるわけですが。。^^;

朝に少しおいて置きたかったのに~!

でも、食べてくれる人がいるって幸せなことよね。

今の時期だけのいちごタルト。

また作ろう^^

クリーム絞って、フレッシュないちごを乗せるタルトも好きだけど、

ぜーんぶ、焼きこんじゃって、
いちごの果汁がアーモンドの生地に甘酸っぱく染み込むところもおいしくって好き^^

なにより、この、華やかさはないけれどそぼくな感じがたまらんわけです。。

e0308337_12474181.jpg


昨日保育所で家族の絵を描いてきたしゅう君の絵。

「1番大きいのがおとーさんで、

2番目におおきいのがおかーさん。

あゆむが、おかーさんのしたのやつ!

しゅうはこれ!」

と一番小さいのを指指して言うしゅう君。

「なんでこれなん?」と聞くと、

「しゅう足一番長くてカッコイイから~♪」と自慢げに言っておりました。^^;
よくわからん。


今朝は朝から、しょうもないことで、しゅうと私とケンカ。

しゅう君、目を真っ赤にし保育所に。

先生「どーしたん?!」

私「私とケンカです。。最近毎日戦争です。。。」

先生「ケンカは良いことよ~。ケンカができへんほうが心配や。言いたいこと言えてるんやから。」と。


おおそうか~!

と、なんか異様に納得。(笑)

そうよねー我慢していい子ちゃんでも子供やのにおかしいよねー。
でも、毎日うだうだもやっぱりしんどいよねー。と心の半分は思うけど(笑)


ながーい子育て生活。
終わってみるとあっという間よ~って聞くし、

ケンカも楽しめるような心の余裕をもてるようになりたいな。
っと思いながら、また帰ってきたらイラってするんやろな(笑)

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
[PR]



by gateaux0141 | 2015-02-26 13:06 | お菓子

余った食パンで、タルトはいかが♪タルトリヨン!(才能応援プロジェクト 料理家部門)

e0308337_12214266.jpg


こんにちは!
ゆ季です^^
今日はタルトのご紹介♪
普通のタルトをやってもおもしろくないので、
ちょっと変わった、
でも、むっちゃおいしいタルトを^^

なんと!食パン使います!
しかも、普通にビリビリ手でちぎります^^;
バターも使わないけど、とっても美味!

アーモンドプードルとキルシュ(さくらんぼのお酒)を使った
バターたっぷりのタルトとはまた違う、部屋中にあまーい、さくらの香り、たまにアーモンドがふわんと。。
焼いてみて!損なし!
私がキルシュのにおい好きやからなおさら押していますが。。(笑)


テーマである、身近な食材ちゃうやんけー!
って思いました?

ふ、ふ、ふ!!
どっちも、イ○ンに売ってあるんだな~^^
買ったやつ↓
e0308337_12293127.jpg





ではでは、レシピ&作り方です!

●そぼくな、でも桜が香る、春にぴったり♪タルトリヨン●

今回、タルト生地の仕込み、敷きこみから書くと、
とてつもなく長ーい、読み飽きてしまうブログに^^;なりそうなので、分けました。

ここでは、一番、おもしろい、伝えたいタルトの中身部分(アパレイユ)を書こうと思います。

タルトの器、パータフォンセの生地の仕込み方→パータフォンセ
敷きこみ方は→タルトリヨンパータフォンセの敷きこみ

タルトの器は、甘くない塩っけのあるものが、この今から紹介する中身にあうと思います。
パータフォンセ作るのめんどくさーいとか、
時間がない方は、市販のタルト生地を買ってもOK。

ただ、高さのあるものを選ぶことをおススメします。

高さがあるほうが、断然おいしいタルトができたので!^^

材料
スポンジの型、4号1台分

食パン ミミ取って60g(6枚切り1枚半くらい)
牛乳  140g
三温糖 40g
アーモンドプードル 70g
卵 2個
(Mサイズ以上)
キルシュ 25g
塩 1つまみ

準備
1 卵を卵黄、卵白にわける。
  卵白は冷凍庫へ(強いメレンゲができるので)

2 オーブン180度60分予熱開始!


さ、作りましょう♪

1 食パンを細かくちぎる。

e0308337_1248212.jpg

ほんまにちぎるだけ^^;

2 牛乳を鍋にいれ、沸騰させる。
e0308337_12515923.jpg


3 1に2を入れ、ゴムべらで混ぜる。ぐるぐるーっと。
e0308337_12524144.jpg


4 混ぜたら、三温糖を入れ、混ぜる。これもぐるぐるー。
e0308337_12531743.jpg


5 卵黄をいれる。混ぜる。ぐるぐる。
e0308337_12541051.jpg


6 アーモンドプードルいれる。ぐるぐる。混ぜる。
e0308337_131127.jpg

混ざった状態。

7 冷凍庫から卵白を取り出し、塩を一つまみ入れて、メレンゲを作る。
 バシッバシに泡立て、固ーいメレンゲを作る。

8 7のメレンゲの半分を6に入れ、ぐるぐるーっと混ぜる。
e0308337_1305991.jpg


9 残りのメレンゲを入れ、ぐるぐるーとしっかり混ぜる。
e0308337_1322099.jpg


10 キルシュを入れ、ぐるぐるーと混ぜる。
   しっかり生地の中に入るように。

11 型に生地を入れる。
e0308337_1332313.jpg


12 180度60分じーっくり焼く。
    むちゃくちゃキルシュの春~♪なにおいが部屋中漂います。^^
    むちゃくちゃ幸せになれます。
    私はなりました^^♪


13 焼けたら、オーブンから出す。
   最初は中身のアパレイユが盛り上がっているが、
   時間が経ち、粗熱がとれると、盛り上がりも下がってくる。
   キャッホー!ってテンション高い子供やったけど、しっくり落ち着いた大人みたいな。

14 ほんで、落ち着いた(粗熱とれた)型をゆっくり丁寧にひっくり返す。
e0308337_1374844.jpg

    するーっと気持ちいいくらいきれいに取れます。

15 冷めたらラップして冷蔵庫で保存。

e0308337_1385832.jpg


食べごろは焼いた次の日!

焼いたその日も美味しいけれど、
次の日の方が、しっとり感増すし、味も落ち着いていておいしいです^^

焼いた日入れて3日で食べきって下さい♪

e0308337_1313455.jpg


タルトリヨン。

素朴すぎる見た目。

でも、口の中に広がる、桜の香り、アーモンドもコク、、そしてザクッと塩っけのある器。。

おいしいに決まってます。

見た目からは想像もしないほど、
華やかな、口当たり、おいしさですよ♪

できれば、器である塩っけのザクザクパータフォンセも作って欲しーい!
とっても合うから。
e0308337_13191625.jpg


けど、とりあえず、この不思議な、中身のお菓子。
むちゃくちゃおいしいお菓子。(私のこのみなだけですが。^^;)
体感、体験、食べてほしい!と思い、レシピアップしました!

ぐるぐるー。混ぜーる!
しか言ってないくらい簡単なので、やってみる価値あり♪

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村

【才能応援プロジェクト】ブログを書いてプロをめざそう!
[PR]



by gateaux0141 | 2015-02-25 13:39 | レシピ

タルトリヨンパータフォンセの敷きこみ

私は、タルトリヨンをスポンジケーキの4号(約直径13cm×高さ5cm)の型で仕込むことにしました。

タルトリヨンは中身(アパレイユ)を分厚く焼いて食べたほうがおいしいと思ったからです。
良ければ試作段階の記事でも読んで見てください♪→タルトリヨン

と、いうことで、
仕込んでいた、パータフォンセを4号にフォンサージュ(型に生地を敷きこむこと)します!

準備 型にバターを薄く塗って冷凍庫で冷やしておく。

1 冷蔵庫で休ませておいた生地を取り出し、麺棒で上からぎゅっぎゅっと押し、
   生地を広げていきます。

e0308337_11543570.jpg


2 生地を90度回転させ、またぎゅっぎゅと押します。
e0308337_11554547.jpg

こうすることで、伸ばしやすくなる。


3 で、麺棒でくるくるーっとして生地を伸ばします。

e0308337_11564964.jpg


e0308337_1157114.jpg


4 このくらいの厚さになったら、生地を型の上におき、敷きんでいきます。
  まずは底の角に、キュッと生地を入れていきます。
e0308337_11591552.jpg


5 キュッといれたら、生地を型の側面にペタッと。貼り付ける感じ。
e0308337_1202766.jpg


6 この作業を1周やる。
e0308337_1211299.jpg

  こんな感じ。

7 側面の生地をぎゅっぎゅっとしっかり貼り付ける。
e0308337_1222054.jpg


8 この作業も1周やる。
e0308337_123674.jpg


ここまでの作業を手早くやる!
ゆっくりやっていると生地が温かくなりバターが溶け出す。
すると、食べたときのサクサク感が失われる。T_T

9 ラップをし、冷蔵庫で1時間以上保存。
  このままアパレイユを流し込んで焼くと焼きちぢみしてしまう。



10 で、1時間以上休ませ、アパレイユを流し込む前に
   生地を取り出し、
   麺棒で型の上をころころ~っと転がし、余分な生地を取る。

e0308337_1291765.jpg


e0308337_1292946.jpg



休ませる前に余分な生地を取ると、焼いたときに縮んで、高さがでなくなる。



こんな感じです。
[PR]



by gateaux0141 | 2015-02-25 12:15 | 下準備

パータフォンセ

パータフォンセ。

甘くない、塩っけのある生地です。

甘ーいタルトにもあうし、
お総菜のキッシュにもあう、とっても便利なやつです。

ブリゼ生地よりも、カッチッとしていてザクッとほろほろ。
がつーん!と個性のあるものではないけれど、
縁の下の力持ち、まさしく、器の要素を果たしているヤツ。でも主張はそんなにしない。
そんな印象があります。

手で仕込むバージョンと、フードプロセッサーバージョンご紹介♪

材料
つくりやすい分量

薄力粉  125g
バター  60g
全卵  20g
塩  1つまみ
水 20g



●手作業で仕込むバージョン●

1、バターを細かく角切りにし、冷凍庫で冷やしておく。

2、卵、水、塩は同じ器に計り、混ぜ、これも冷凍庫で冷やしておく。
  (でも凍らせないでね。ガンガン冷えていることが目的。)

3、薄力粉をボールの中へ。

4、1で冷やしておいてバターを入れる。
 
e0308337_10285566.jpg


5、手ですりすりしてスリ混ぜる。バターを細かくすりつぶす感じで、
  細かーく、でもバターが溶け出さないように!
  
e0308337_10354875.jpg


  もし、溶けてきそうやったら冷凍庫にいれて冷やす。
e0308337_10361961.jpg

  指の腹で潰したりして、細かーくバターを分散せせる。

粉チーズみたいに、少ーし黄色っぽくなる。
で、バターは溶けていない状態!
ちいさーい粒粒になっているはず。
これサブラージュするって言う。

こうすることで、後からいれる、水分と粉がバターをはさんでいるので、
結びつきが弱く、余計なグルテンがでない。
食感が固くなるのを防ぐ。

また、バターが細かく分散しているので、
焼けたとき、
バターが蒸発したみたい(バターの周りを揚げた感じ)になり
食べときのサクサク感の秘訣^^♪

ので、バターがこの段階で溶けてしまうと意味がないので、
絶対、バターは溶かさない

e0308337_10574733.jpg

わかりにくいかもだけれども、こんな感じ。^^;



6、 2の卵、塩、水を入れてゴムべらで、サッサッサーと混ぜる。
   練らない。
   え、僕たちそんな急に仲良くなれません!!って材料達が言うので、最初は優しーく、
   こんにちはー!くらいの挨拶程度で馴染ませてあげましょう。


e0308337_10395396.jpg


e0308337_1040881.jpg

このくらいになったら、

7、 ゴムべらで生地をしたから上へもってくるイメージでもっていき、
   ぎゅっ1回と押す。練らない。(食べたとき固くなる)
   これを90度ずつ回転させて1サークルくらいやる。
   
e0308337_10405041.jpg


e0308337_10411259.jpg


8、
e0308337_104418.jpg


このくらいまとまったら、手で7と同じ作業をする。(ここで初めて練る感覚!)
いいグルテンを出してあげ、食べたときのカチッとした食感を出してあげる。

e0308337_104718.jpg


e0308337_10472481.jpg



9、
 
e0308337_10494669.jpg

 このくらいまとまって、生地が冷たい状態やったらOK!

10、  すこし平らにして
     ラップして冷蔵庫で2時間以上冷やして休ます。
     このままタルト台に敷きこんだりすると焼き縮みするし、伸びないし固くなるので。
e0308337_10533493.jpg







●フードプロセッサーバージョン●


1、バターを細かく角切りにし冷凍庫で冷やしておく。

2、全卵、塩、水を同じ器に入れ、混ぜておく。冷凍庫で冷やしておく。

3、 粉をフードプロセッサー(フープロ)の中で計量。

4、3に冷やしておいた1のバターを投入!

e0308337_9585651.jpg


5、フタをして、ガ.ガ、ガーー!と押して、混ぜる。
  (バターを細かくする。)
e0308337_1013591.jpg

サブラージュ。

6、冷やしておいた2をフープロの中へ!
e0308337_1055051.jpg


7、 再び、ガ、ガ、ガー!とまわす。そぼろ状になってくる。

e0308337_1021093.jpg


8、さらに、ガ、ガ、ガー!とまわす。塊になる。
e0308337_10135437.jpg


9、台の上にだして少し練る。(10回くらい)
 べたつくので、強力粉をふってからやるほうがいい。
 強力粉は薄力粉よりサラサラしているのでうすーく粉が付いてくれる。
e0308337_10141594.jpg


e0308337_10144090.jpg


e0308337_1015189.jpg



10、少し平らにして、ラップをし、冷蔵庫で2時間以上保存。
(細かい説明は上の手作業バージョンに書いています。)


少しづつ、ゆっくりですが、これを使った、キッシュやタルトをご紹介していきます♪♪
[PR]



by gateaux0141 | 2015-02-25 11:05 | レシピ

タルトリヨン

e0308337_20512445.jpg


こんばんわ!

ゆ季(ゆき)です!
急に名乗って、どーしたん?!
って感じですね^^;

急ですが今日から名乗ろうと思いまして!^^;
その方がいいかなーと!

本名のひらがなのままのゆきやと、
ありふれてるしなんかしっくりこないので
〝ゆ季”でよろしくお願いします^^

というのは、食べ物ってやっぱり季節感も大事やし、
作る菓子、パンを通して季節を感じるのも(感じさせるのも?)
作り手にとっての一つの要素かな~って。

って、高校の時、友達が私の漢字を使って、絵手紙を書いてくれたのですが、
そこに春●●●●、夏、秋、冬、、、、季節のお仕事ってかいてあって。。

10年経ってなんかしみじみ感じるものがあって、、


自分の名前って親が決めたものやけど、
なんか宿命?運命?みたいなものが名前にはあるってなんかの本にも書いていたし^^;

なーにが言いたいかわからんくなってきたけど^^;

とりあえず、

季節を感じれるようなお菓子、ぱんを作りたい。と思いまして。

これから、ゆ季でよろしくおねがいします^^


名前だけのことでむっちゃ書きすぎやけど。^^;

子供ができてから思うこと。

自分の名前を大切にしようと思った。

それだけです。

e0308337_21125187.jpg



さてさて、お菓子の紹介♪
まだ試作段階なので、レシピはもう少しまっててね。

タルトリヨンって知っていますか?

この中身、何入ってると思います?

リヨンってあのフランスの地名?って思いますよね?

でもリヨンの要素が全く分からないし、1年間リヨンに住んでた旦那に聞いても
こんなの売ってなかった(笑)
って言ってたくらい謎多きお菓子なのですが。。(笑)

これ、食パンが入ってるんです。

普通に手でちぎった食パン(笑)
結構な量(笑)

e0308337_21202270.jpg


私の大好きな河田さんのこの本に載っているのですが、

え、おいしいの?これ。。
でも、見た目ザ・茶色で素朴すぎやし、タイプやわ~^^
しかも、大好きなキルシュ(さくらんぼのお酒)入ってるしー^^
これスポンジケーキに打つとおいしい。

ってことでおそるおそる作ってみましたょ。


これが!

焼けてる時、部屋中、むっちゃキルシュのあま~い、いいにおい。。
そして、時々香るアーモンド。。(アーモンドプードルが入っています。)
キル酒のおかげか、いつもの焼き菓子とはまた違った香りで。

とても心地よかったです。。^^


e0308337_20512445.jpg


浅い型と深い型で。

左側の深い型のほうが、本に載っていたものに近いです。

で、

見た目、浅い方が好みやね~。

と旦那と話しておりました。

e0308337_2128016.jpg


写真も浅い方でばっちり撮って(笑)

でも!

やっぱり、すごいょ!!

深い方が断然!おいしかったー!!!!!

何でも見た目で判断してはいけませんね。^^;

e0308337_2134579.jpg



深さによって、型によって、
同じものが入っていても、こんなに違いがでるのかー。!

と、とっても感じました。

そして、

このタルトリヨン、むっちゃおいしかった。。。
食パン入ってるの?!これ?!
って、言わないと気づかないと思います。

食べると、
塩っけのタルト生地がザクッとあたり、
中のじゅわ~っとアーモンドのコクにキルしゅの桜の華やかさが口の中に広がります^^

見た目、茶色なんやけど、
お口の中には、がやってきます。。^^

アパレイユ(タルトの中身)にはバターが全く入っていないのですが、
とても幸せになれる、大満足な1品です。




自分やったらこうするな~。
この方がおいしいかも!

って、食べながらでてきた感覚を頼りに、
私の中にタルトリヨンを落とし込んでみたいと思います!
そしてレシピ書きますよ~^^

とーっても、不思議なお菓子、タルトリヨン!

楽しみにしていて下さいね~!


にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
[PR]



by gateaux0141 | 2015-02-22 21:59 | お菓子

おもたせにもすぐ出来る♪ケークサレ(才能応援プロジェクト 料理家部門)

e0308337_823329.jpg




今日は、簡単にアレンジしたケークサレのご紹介♪

旦那曰く、少し前に流行った?のでご存じの方も多いかもしれないですが、
少し説明。

ケークサレの〝サレ”とはフランス語で塩のこと。
そう、なので、塩味。甘くない、お食事ケーキです!

キッシュと、お総菜パンの間くらい?の食感。
逆にわかりづらい?(笑)


今日はチーズごろごろベーコンごろごろ
この時期おいしいほうれん草のケークサレです^^

●おもたせにも♪すぐできるケークサレ♪

材料
(パウンド型1台分)

薄力粉  60g
強力粉  40g
ベーキングパウダー 3g
オリーブオイル  30g
牛乳  40g
全卵  100g
黒こしょう 15フリ

(具)
ブロックベーコン 100g
ベビーチーズ  12g×6個 この写真のカマンベール入りがおいしい♪
ほうれん草  3把
ミックスチーズ  30g


使った材料。
e0308337_895060.jpg

またまたトップバリュー^^;


準備

1 パウンド型にバターと粉をする。

2 1cm角にベーコン、チーズを切る。
  ほうれん草も10cmくらいの長さに切る。

3  ベーコン、ほうれん草をフライパンで炒める。
   塩コショウで味付けしとく。

4  牛乳、オリーブオイルは同じ器に計量しレンジ500w1分温めておく。

5  薄力、強力粉、ベーキングパウダーは同じボールで計量。

6  オーブン180度30分予熱設定。

e0308337_8103597.jpg


作りますー!

1 粉達が入ったボールをホイッパーでぐるぐるかき混ぜる。
  ダマがなくなれ~!という感じで。

2 割りほぐした卵、温めておいた牛乳オリーブオイル(アツアツではなく、ぬるいくらい。)
  を、1へ入れる!ぐるぐる混ぜる。

e0308337_8215675.jpg


3 キランと混ざるので、混ざったら黒こしょう15フリ!
  1.2.3.4.5......♪

e0308337_823417.jpg


4  炒めていたほうれん草ブロックベーコンと、切っておいたチーズをどーん!と投入♪

e0308337_825267.jpg


5  混ぜる いや絡める?

e0308337_8252333.jpg


6  型に流す。
   ミックスチーズを載せる。

e0308337_82668.jpg


7 180度30分で焼く!

8  焼けたら、型から取り出し、冷ます。

e0308337_827387.jpg


9  冷めたらラップして保存♪

e0308337_8285552.jpg



私は2日目の方が味がしまって好きです^^

作った日いれて3日が食べごろです。

涼しいところで保存。
心配な方は冷蔵庫へ~。

温めても冷たいままでもおいしいょ♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


【才能応援プロジェクト】ブログを書いてプロをめざそう!
[PR]



by gateaux0141 | 2015-02-22 08:36 | レシピ

カヌレ、焼いてみよ!(才能応援プロジェクト 料理家部門)

e0308337_1212452.jpg


こんにちは!
今日は、カヌレのご紹介♪
カヌレって何やねーん!この黒々しいのはなんなんや!
おいしのか??
知っているけど、作るの難しそう。。
お店で買うべきものじゃない??

。。。と
思われているあなた!
おいしいです!!
家でも作れます!
てか、家の焼き立て、
粗熱が冷めたころが一番おいしいのです!
そして、
ボール、ホイッパー、ゴムべら、ザル、フライパンがあればできます!


この黒々しい何とも、無愛想なカヌレ、
私はこの無愛想な感じも好きですが^^

でも、食べると、外はガリッッ中はもちっ。の食感。
焦がしバターとラム酒の風味がなんともたまらん味わい。。
たまに香るバニラ。。


一口食べると、まーったり癒してくれる、優しいやつなんです。^^
午後のひと時におススメ。
ちなみに3歳児、しゅう君の一番好きなお菓子。
焼いてアルコール飛んでいるが、結構ラム酒やけど^^;


行程、難しいんじゃない?
と思われた、そこのあなた!
それも心配ありません~


生地を寝かせてあげたりするので、食べるまでに3日かかるけど((笑))
1日1日の作業時間は5~15分程度。
ちょっとの隙にできるのさ♪
おうちカヌレ、いいですょ~^皿^

e0308337_1220611.jpg


さぁさぁ!作りましょう♪


材料

カヌレ型5個分(直径6.5×高さ5.5cm)
カヌレ型はという意味。なので、この型は必需品。
で、大きさもこのくらいが理想。外と中のバリッもちっの食感のコントラストが生きるので、
あまり小さいと、よくわからん食感になる。


私はコレ↓を使っています。結構お手頃やし、良いカヌレをつくる手助けをしてくれるよ^^




牛乳    250g
バニラオイル  2滴
(なくても可)
薄力粉  55g
きび砂糖    110g
(H28.3変更。きび砂糖が今は1番おいしいと思うから。)
卵黄  Lサイズ1個分(20g)
卵   10g
ラム酒   20g
バター   15g




作りましょー!
 
*1日目*


牛乳を、鍋かフライパンにいれて計ります。
(ギリギリ入るものは吹き零れるので、少し大きめの、牛乳いれても余裕のあるやつで。)


中火かけて完全沸騰させます。

e0308337_12405350.jpg

こんな感じで、ぼわぼわぼわ~~~!と吹き零れる、1歩手前で火を止める!!
これ大事!ここちゃんと沸騰させとかないと、カヌレ焼く時に吹きこぼれる!



ボールなどに牛乳を移し、バニラオイルを、ちょんちょんっと垂らす。
やるなら、バニラオイルね!バニラエッセンスは焼いたら香が飛びます。
e0308337_12481036.jpg



密着ラップして粗熱取れたら冷蔵庫(12時間以上)で一晩保存。
(二晩までならこのまま保存可能。)

密着ラップこんな感じ。
e0308337_12501460.jpg

e0308337_12502755.jpg



2日目

冷蔵庫から寝かせた牛乳を、おはよー!と出してあげてからスタート!

準備 卵黄と卵を同じ器にいれ溶きほぐしておく。
   



薄力粉をボールにふるいます。
同じボールに上白糖いれます。
e0308337_12543864.jpg




ホイッパーで粉と砂糖が混ざるように混ぜます。



寝かせていた牛乳さんをボールの真ん中目がけて、静かーにいれます。
ドバ!!といれないでね。
カヌレは簡単に言えば混ぜるだけの作り方やけど、
見た目、無愛想やのに、意外と繊細なので
静か~に。
e0308337_12551593.jpg




ダマが少しできてもいいので、静か~にすり混ぜます。



解きほぐしておいた、卵黄、卵を入れ、
静か~にすり混ぜます。

e0308337_1362586.jpg




ラム酒を入れ静か~にすり混ぜます。
e0308337_1374127.jpg


混ざった状態
e0308337_13122085.jpg



ここで、焦がしバターを作ります。
焦がしバターの作り方→焦がしバター 作り方


で、1分くらい待って、(完全に冷めてなくていい。)
に焦がしバターを加えます。
e0308337_13114916.jpg



静か~にすり混ぜます。
しつこい?^^;でもこれ大事。

e0308337_13142412.jpg

こんな感じでOK!

10
ザルで漉します。
(牛乳を寝かせていたボールに漉したらいいょ!)

e0308337_13145654.jpg


ザルに生地べたーっとつくのでゴムべらでしっかり取ってあげます。
e0308337_1315259.jpg


こんな感じでOK!
e0308337_13165258.jpg


11
密着ラップしてまたまた冷蔵庫にいれて、一晩(12時間以上)休ませます。
(これも2晩保存可能♪)
おやすみ~!!っと声をかけてあげるとカヌレ生地、喜びます。

e0308337_13211220.jpg


12
カヌレ型にバターハチミツ(分量外)をうすーく塗って冷蔵庫で保存。
塗り方→カヌレ型の下準備。

この作業ケチらないでね。
ケチってやらないと、焼いたとき、カヌレ生地が型からはなれなくなってしまい
焦げまくった結果、型、捨てるハメになります。
私、これで、捨てたことあるのでT_T



3日目

カヌレ生地を冷蔵庫からだして
オーブン230度50分に予熱開始!
(キビカヌレの場合は焦げが付きやすいので45分で様子見。)


でも!カヌレはオーブンの性格に左右されやすい生地なので210~250度までオーブンによって違いがあります。
火力が弱ければ、250度。強ければ210度くらい。
焼き時間は50~60分で変動あり。(キビカヌレは45分~)
悪魔でこれは私の知る、経験する限りのカヌレ情報です。
やっぱり、最終的には何度も作ってお持ちのオーブンと対話することが大切やと思います。

e0308337_1127281.jpg

こちらが我が家のオーブンです。
トーシバの石窯ドームっていうやつ。
参考までに。(2015.7.5追記)

(そうそう、職場の業務用オーブンでは火力が強いので210度で50分火力は上7下3で焼いていました。)



カヌレ生地をゴムべらで軽く混ぜます。
下に重たい生地がたまっているので上の生地と馴染ませるように。
静かに、手のひらで混ぜるよう、優しくね。
e0308337_13375220.jpg




ザルで漉します。



冷蔵庫にいた下準備してあったカヌレ型を出します。
ここで、型の中を確認!

e0308337_13414671.jpg


写真のようにハチミツが底に溜まっていたら指で溝に沿って溝に付けるように取り除く。



漉したカヌレ生地を静かに7、8分目くらいまでカヌレ型に流す。

e0308337_13552332.jpg




予熱したオーブンに入れ、50分焼く。
焼けたか不安な場合は軍手やミトンをして型を一つひっくり返し
コンコンっと台にたたきつけカヌレを出す。
しっかり黒光り(笑)していたらOK!


焼けても型のまま粗熱が取れるまで置く!
すぐ型から出して冷ますと外側ふにゃふにゃなりやすい。


完全に冷めない、温かく手で触れるくらいになったら取り出す。
逆さにして、コンコンと台に打ち付けてだしてね。
そんなに気をつけなくていいけど、冷めすぎると、型から取り出しにくい。


完成~!!
e0308337_1444253.jpg

中は蜂の巣状になっているとおいしいよ!ってことです。




食べごろは、熱とれた、その時!!

冬場は半日~1日くらい、外のバリっとガリッとが保たれるけど、
夏場は半日かなー。。(湿気がね。。私の勉強不足かもですが。。)

食感気にしないょ!って方は、味はそのままなので次の日もいけます。

でも、せっかくおうちで焼いたカヌレ、おいしいその瞬間を食べてほしいな~と思います。



e0308337_14104365.jpg


焼き菓子って、日持ちするイメージがありませんか?
でも、私は、お菓子達によって、食べごろ、旬があって、
ただただ、日持ちすればOK!みたいなものではないと思います。

もちろん、ここで紹介した
しっとり香ばし!くるみパウンドケーキ♪)
のように数日たってから
おいしいお菓子もたくさんありますが。。

是非是非、せっかくの手作りお菓子、
一番その、美味しい瞬間を体験してみてくださいね^^

e0308337_14171073.jpg


カヌレ。

食べることは身近でないかもしれないけど、
意外とスーパーで売ってる、身近な材料でできるんです。

このおいしさ、(少し大人な味ですが。。)
身近さ、おうちでも作れること。
知ってほしいと思い、レシピをアップしました。

またなぜかカヌレで検索されることも多いみたいなので。。


黒ーい、固そーう、、、など。

固定観念なんか、やぶっちゃえ!
やってしまえば、意外と身近さ♪



というわけで、カヌレ、焼いちゃおぅ♪


最後まで読んで頂きありがとうございました^^

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村

【才能応援プロジェクト】ブログを書いてプロをめざそう!
[PR]



by gateaux0141 | 2015-02-19 14:31 | レシピ

カヌレ型の下準備。

e0308337_10343738.jpg



1.


1センチ角くらいのバターを、溝に沿って指でうすーく塗る。

e0308337_10343393.jpg

こんな感じ


2.

ハチミツを一滴垂らし、これも溝に沿ってうすーく塗る。うすーく。薄ーく。
分厚いと、ハチミツ固まってカヌレ焼きあがってから外せないので。

e0308337_10343676.jpg


e0308337_10343933.jpg



ハチミツ塗った後。写真ぢゃわかりずらい?^^;

3.

ラップして、冷蔵庫で保存
一応写真載せてみる。^^; ↓
e0308337_1034408.jpg

[PR]



by gateaux0141 | 2015-02-19 10:24 | 下準備

大阪北区のザ都会のど真ん中から徳島の田舎へ移住。お店をもつため奮闘中。7歳、3歳の母。
by ゆ季
プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

好きなとこ。②
at 2018-11-20 14:53
何が好きかって。
at 2018-11-19 15:02
好きだから。
at 2018-11-19 14:32
発信の仕方。
at 2018-11-17 18:14
焼き菓子屋 そぼくな。のオーブン
at 2018-11-16 14:08

外部リンク

ファン

ブログジャンル