そぼくなおかし。

カテゴリ:レシピ( 25 )




ピスタチオ好きにはたまらない♡ピスタチオマフィン♡簡単にレシピも♪(パン、スイーツ部門)

第一回プラチナブロガーコンテスト

e0308337_1323768.jpg


ピスタチオが好きです。

あのナッツの風味も残しつつ、
バターののような濃厚な
まったりとまとわりつくあの感じ。

良いお値段がするから
なかなか頻繁には使えないけれども
頑張れ自分!と
自分に元気とおいしい幸せをあたえるために
たまに贅沢してつくります^^

自分が美味しいものを食べないと
美味しいものは作れないからね(^^)

e0308337_1314247.jpg

今朝はピスタチオマフィン。

ピスタチオペーストをふんだんに
使い、
まったり濃厚♡な生地に。

甘酸っぱいグリオットを食感、味のアクセントにして

上にはザクザククランブル♪

e0308337_13655.jpg


コーヒーのおともに、たまんない♡
しあわせなひと時の朝でした^^



焼く前の生地もまったりと艶やかで。
見ていると幸せになります(^^)

e0308337_22392492.jpeg




さぁここで♪

インスタグラムでレシピをしりたい!という方がおられたので簡単にですがアップしますね。
【材料】マフィン3個分(直径約6.5cm×高さ約3cm)

全卵 40g
キビ砂糖 35g
国産薄力粉(ドルチェ) 40g
アルミフリーベーキングパウダー 2g
無塩バター 35g
ピスタチオペースト 45g
グリオット3粒
クランブルパラパラと。好きなだけ〜
なくても可。


【準備】
1、無塩バターをポマード状(指で押すとぐにっとやわらかくなるくらい)に常温に置いておく。
(ただし溶かしてはダメ。)

2、薄力粉、ベーキングパウダーを一緒にふるっておく。

【作り方】
1、ポマード状にしたバターをホイッパーで混ぜて滑らかな状態にする。

2、キビ砂糖を入れホイッパーで混ぜる。混ざったら

3、溶きほぐした全卵の3分の1を入れホイッパーで混ぜる。

4、3にピスタチオペーストの3分の1を入れホイッパーで混ぜる。

5、3と4を繰り返し生地にすべての卵とピスタチオペーストをしっかりと混ぜて入れていく。

6、ふるっておいた粉類をゴムベラに持ち替えて切るように混ぜる。粉気がなくなってもしっかりと混ぜる。キラッとツヤっとした生地になってくる。
e0308337_22392492.jpeg
こんな感じでツヤんっ♪とした状態になったら
手で触ってみてもツヤっとぷるんとしていて気持ち良いよ(^^))

7.型に生地を入れて
お好みでグリオットやラズベリーやイチゴやら甘酸っぱいものを3粒ほど入れる。
(これぐらいの量がピスタチオの味をよく引き出してくれて良いアクセントになると思います。)

8.お好きな方はその上にクランブルをパラパラっとのせて(のせなくてもおいしいです。)

9.180度20分焼き、鉄板を前後返して170度で20分焼く。(オーブンによって温度、時間差はあります。私のオーブンは石窯ドーム)


e0308337_1314247.jpg

食べごろは焼きたてもいいけれど、
次の日の方が私は味が落ちついていて好き♪かな(^^)


簡単なレシピ説明ですが、
良かったら試してみて下さいね♪
作った方においしい幸せ届きますように。

ではでは(^^)

読んでくれてありがとう♪
ゆ季






ブログ村のランキングに参加しています。
下のボタンを押していただけると嬉し
いです^^



にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
[PR]



by gateaux0141 | 2017-01-09 23:56 | レシピ

焼きみかんタルトレシピ ③〜組み立てから完成〜

3回に分けた、焼きみかんタルトのレシピ✨
これで、最後です。

では続きを、、
☆準備☆
180度30分で余熱開始。


e0308337_00311110.jpg

1
空焼きしてあった、みかんクッキーの土台に
みかんダマンドを25g 入れる。

私は絞り袋に入れ絞り出して入れていますが、(その方が厚さを均一にダマンドを入れれるので)スプーンなどで入れて、指で整えても大丈夫です。

2
みかんをむき、
e0308337_00311265.jpg

↑このくらいの小さめサイズです。

4当分の輪切りにして、ダマンドの上に、乗せる。
e0308337_08251320.jpg

2
180度に予熱完了したオーブンに
30分入れ焼く。
(お使いのオーブンによって20度前後数分程度誤差があります!)


3


ダマンドが茶色く色づいていたらOK!
(うす茶くらいで、濃い茶色まで焼いちゃうと
焼きすぎでダマンドが美味しくないです!)


4
お好みで、
ナパージュ、もしくはアプリコットジャムを
煮詰めたものを塗ってピスタチオで仕上げる。


e0308337_08251423.jpg


e0308337_08251428.jpg


ナパージュ、ピスタチオ無し、バージョンも
素朴で好き(^ ^)↓
e0308337_08251484.jpg


焼きみかんタルト、作り方はこんな感じです。


ここからは、
私のこのタルトの想い、、。
なので、興味のある方だけどうぞ。


タルト型なのですが、
e0308337_17302012.jpg

我が家には、この3種類が、あります。
右側のポンポネット型ではなく
はたまた後ろの大きい型で無いのは

このタルトリングの薄い厚さが
焼きみかんタルトのみかんの、ジューシーさや
ちょうど良い食べやすさを、うまく表現できたからです。

ポンポネットでも大きな型でも焼けるけど、
でも、食べ比べると美味しさの違い、わかるのです。

この、7cm×厚さ1.6cmの、タルトリングの方が焼きみかんタルトをより良く美味しく、
焼きみかんを上手くギューっと表現できています。

型て意外と大事なのです。

おうちにある、型でなんでも焼けばできるけどね。



少しの差やけど


型のことだけではなく、


焼き加減や、
クッキー生地に
みかん皮や
ライ麦を加えるかどうか、、
しっかりクッキー生地の空焼きをしてから
ダマンドを入れ本焼きしているか、、、
など、

この小さないろんな差たちを、
やるかどうかで、
焼きあげた時、食べたときの差は
全く別ものに、なっていると思います。


焼きみかんタルト、、

みかんを果汁も皮もギューっと
小さなタルト一つにたくさんの良さを詰め込みました。

何を食べて欲しいのか。

何を表現したいのかを考えながら
レシピを作ったつもりです。

せっかく作るのやから、
気持ちを、想いを込めて作りたい。
だってその時間さえも、
自分の人生の一部となるのだから。


長々書いてしまいましたが(^^;;

良かったら、作ってみて下さいね(^ ^)


さてさて。

この焼きみかんタルトの食べごろは

焼けて、しっかり冷めた頃〜
次の日までです。
(焼きたてすぎると味がボヤけて美味しく無い)

保存は高温多湿を避けて、お召し上がり下さい。

では(^ ^)

長々とお付き合い頂いありがとうございました(^ ^)

ゆ季


☆☆☆

ブログ村のランキングに参加しています。
下のボタンを押して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村


ありがとう‼︎

ゆ季





















[PR]



by gateaux0141 | 2015-12-28 10:23 | レシピ

焼きみかんタルトレシピ②〜みかんのダマンド編〜

みかんダマンド


☆材料☆

バター 62g
きび砂糖 45g
全卵 30g
みかん汁 15g

(手でみかんをギューと絞った汁)
アーモンドプードル 62g

✳︎卵とみかん汁は同じ器で軽量し、
混ぜ合わせておく。✳︎



☆準備☆

●アーモンドプードルを粗めのザルで振るっておく。
e0308337_00311747.jpg


e0308337_00311781.jpg

薄力粉をふるうような、
細かいザルでふるってしまうと、
アーモンドの余計な油が出てしまうので、
油ぽい菓子になってしまいます。


●バター、卵を常温に置き、やわらかくしておく。
e0308337_00311743.jpg

↑バターはこのくらい。マヨネーズよりちょっと固いくらいの固さかな?
卵は常温くらいに戻っているのが理想です。

どちらも冷えすぎていると、
材料同士が混ざりにくく、分離の原因になり、
食べたときの舌触りがとても悪くなります。


☆作る☆

1
柔らかくなったバターを
全体が均一な固さに
なるように
ゴムベラで混ぜる。

2
きび砂糖をいれ、混ぜる。
e0308337_21095244.jpg


e0308337_21095200.jpg


3
バターと砂糖がしっかり混ざったら
よく溶いた卵とみかん汁を3回ほどに分けて加え、
(一気に加えるとバターと卵が分離しやすく
混ざらない可能性があるので)
e0308337_21095399.jpg


ホイッパーに持ち替え混ぜる。
(ホイッパーの方がしっかり混ざりやすいから。)
e0308337_21095367.jpg

混ざった状態↑

4
振るっておいたアーモンドプードルを
一気に加えぐるぐる混ぜ合わせる。
e0308337_21095338.jpg

e0308337_21095432.jpg

混ざった状態↑

(私はゴムベラで混ぜたけどホイッパーでも良い。しっかり混ざればどちらでもOK!)

これでダマンドの完成です!

次はタルトの組み立て〜焼成を見てね!


コツは、、
ダマンドはぐるぐる混ぜるだけやけど、
しっかり混ぜ合わせるカツ、
分離せずにしっかり混ぜ合わせること

大切です!


☆☆☆
ブログ村のランキングに参加しています。
下のボタンを押して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村


ありがとう‼︎

ゆ季











[PR]



by gateaux0141 | 2015-12-26 17:22 | レシピ

焼きみかんタルトレシピ①〜クッキー生地〜

e0308337_17531284.jpg

お久しぶりのレシピです。

インスタでレシピを教えて欲しいとの
嬉しいコメントを頂きまして。(^ ^)
でも、タルト。
クッキー生地と、
ダマンドと、
具からなるので、長〜いレシピになりそうなので、
ブログを3つに分けてレシピを紹介して行きたいと思います。

次男も、大きくなり、手がかかるので
なかなか進みませんでしたが、
自分の課題!と課して、
毎日コツコツ少しの時間をかけようやく書き終えましたので、
公開しますー!ヾ(*´▽`*)ノ

少しマニアックな
焼きみかんタルトのレシピですが。

何かどこかの部分でも
誰かのお役に立てたら嬉しいな。(^ ^)

では、まずは、タルトの土台。


みかんのクッキー生地からです(^ ^)


みかんのクッキー生地

☆材料☆


薄力粉 60g
ライ麦粉中挽き 15g

なければ薄力粉でも可。
だが、ライ麦のプチプチとみかんがまた合う)

きび砂糖 20g
バター 30g

(必ず冷えた状態。温いとサクザクにならない。)

卵 15g


無農薬みかん皮 6g(中1個)
(皮をいれなくてもクッキー生地にはなるが、
皮ありと無しではタルトそのものの香りが全く変わってきます!実験済みです。)

☆準備☆みかん皮すりおろす。

☆作る☆
e0308337_00040357.jpg

1
卵以外の材料をフープロへ。
フープロがなければボールへ。
(フープロ以外の作り方は私のブログのレシピの中にあるパータフォンセの作り方を参照して下さい。)

☆バターはドンっと塊で置くのではなく、
数個に切り分けて何箇所かに置く。

2
フープロのフタを閉めて、
ガ、ガ、ガと回す。
e0308337_00040396.jpg

生地を触りバターが米粒くらいの大きさになっていたら、

卵を加える。

☆バターの大きさが米粒より大きくても又は小さすぎて粉に混ざりすぎていてもサクザクなクッキー生地にはなりません!
ので、フープロの回しすぎには注意して下さい!

3.また、ガ、ガ、ガとフープロを回す
e0308337_21141199.jpg

こんな感じに砂状になって、、。
さらに、
ガッガッガッと、フープロを回す。
e0308337_21141257.jpg

4
こんな感じで、少しまとまった〜となったら
ここで終わり‼︎

これ以上回すと、粉のグルテンが出て
固いクッキーになってしまいます。

e0308337_21141204.jpg


5
ラップの上に取り出して〜

e0308337_21141233.jpg


e0308337_21141397.jpg

厚さを均一にしながら整えラップする。
この時、生地を捏ねたりしないように!
整えるだけ。手早く。
(手の熱で、バター溶けちゃう原因になってサクサクもしないし、グルテン出てしまうからね。)


6
1時間以上、冷蔵庫で休ませる。

休ませずに、タルト型に敷き込むと
焼いた時にグルテンが余計に出てしまい、
焼き縮んでしまうので!

人も生地も、休むことも大切〜。

ちなみに、この生地は冷凍で3週間持ちます。
使う前の日に冷蔵庫で解凍してから使えます。

7
休ませた生地を
直径7cm×厚さ1.6cmのタルトリング型に
敷きこみします。
e0308337_21141324.jpg

生地を25gに分割し、

e0308337_21141348.jpg

綿棒でタルト型よりひと回り大きく伸ばし

e0308337_21141366.jpg

敷き込む。

敷き込むことを、フォンサージュと言います。
フォンサージュの詳しいやり方は
パータフォンセのレシピを、見てみてください。

8
再び冷蔵庫で1時間以上、休ませます。

9
休ませた生地を取り出し
タルトストーンや重石などを載せ
e0308337_20533778.jpg


180度15分で焼く。


タルトのフチが茶色くなったら
タルトストーンをとりだし、
さらに180度で8分

☆お使いのオーブンによって、
私の使ってるオーブンと温度は20度前後
数分、誤差があると思います。
私が書いてあるのは目安です。

なので、
e0308337_21141448.jpg

このくらいに茶色く色づいたら空焼きOKです!

温度、時間も大切やけど、
自分の目で生地を見て確かめることの方が大切やと思います。

ちなみに、、
空焼きしてからはクッキー生地の劣化は早い
(湿気たり)ので、
空焼きしたら2日以内に本焼きして仕上げて下さい。

焼かずに敷きこみまででしたら
冷蔵庫で一週間は保存できます。


みかんのクッキー生地はここまで!
次はみかんのダマンドを見てね!


☆☆☆

ブログ村のランキングに参加しています。
下のボタンを押して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村


ありがとう‼︎

ゆ季









[PR]



by gateaux0141 | 2015-12-24 23:49 | レシピ

焦がしバターのバナナケーキについて。

e0308337_10403699.jpg


バナナケーキ。

焦がしバターのバナナケーキ。

2月くらいにパウンド型でレシピをアップした
やつの、

丸い型バージョンです。😉

まだ一年経っていないけど、

選ぶ材料、型、変わりました。
生きていたらそりゃ思考も少しずつ変わるわけです。

なので、バナナケーキのレシピの最後に追記してあります〜

良かったら
カテゴリ→レシピ→焦がしバターのバナナケーキ
覗いてみてくださいね😉

これね、
なぜか四つ葉DSでやったことがあってね。

あれ、一体何入ってるんやろね?

少し調べたけど、あまり正確にデータが出てこないね。

とりあえず、DSや、マーガリンなどではやらない事をお勧めします。

全然!全く全然!違うケーキになりますから〜(T ^ T)


焦がしバターって書くくらい、
バターの焦がしが生きています。

DSでやった感想は、、

まず、バターよりなんでかむっちゃ焦げるの遅い。

焼き上がりの外見の色合いも、カサカサ?お肌?みたいな。


そして味は、、
食感はまぁまぁ、行けるけど
ん?マーガリン??となんか変な添加物?みたいな味でした、、、。(T ^ T)


さっき書いた記事と共通するけど、

やっぱり変な妥協は響くよ〜

て、妥協してDSを使ったわけではないんやけどね。。

まぁ、

いろいろもどかしいよね。

でも、

いい勉強になりました〜!



今日も読んでくれてありがとう!

ブログ村のランキングに参加しています。
下のボタンを押して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村


ありがとう‼︎

ゆ季





[PR]



by gateaux0141 | 2015-12-11 10:29 | レシピ

ハードなアジあるまんまるシュー生地。(レシピ)

e0308337_1011564.jpg


はい!やってまいりました!シュー生地です!

久しぶりにやるよ~!レシピ!

私はふにゃりと柔らかいシューよりも、ハードな存在感のあるシュー生地が好き。

なので、そんなシュー生地のレシピです。

まんまるーく焼いてあげて、しっかりシュー生地の中の蒸気を抜いてあげるのがポイント!
でないと、蒸気がシュー生地の中にとどまってふにゃりとした皮になっちゃうからね。。


そのためには、ちいさな工夫がたくさんでてきます。
シュー生地に「まんまるーく、美味しく焼きあがれ♪」と
魔法をかけるように、作ってあげて下さい^^

できる限り私の知る範囲で細かく書いたので、
むっちゃ長ーいですが^^;
どれも大事なポイント!

なれたら、30分もあればオーブンの中に入れられます。
というか、何回も作ったら、自分なりのコツも見えてくるから失敗しない。

結局は数こなすことと、その失敗からなにを見て何を学ぶか。
大丈夫!失敗は成功に繋がっているから!
と、私自身にも言い聞かせております。^^;

  



ハードなまんまるシュー生地
(焼成前の大きさ)直径5cm×15個分

●牛乳      50g
●水        50g
●無塩バター  45g
●塩       小さじ2分の1
●きび砂糖   小さじ1
(三温糖、上白糖でも可)

薄力粉  60g
全卵   2個~
(生地に入れながら調整)

*材料については最後に詳しく書きますね。



道具
・片手鍋
・木べら(なければゴムべら)
・ゴムべら
・絞り袋(使い捨てだと袋が破れやすいので何度も使えるナイロンのようなものを。)
・丸口金10番
・鉄板二枚
・クッキングシート
(シルパットは、シューの底が破れやすくなります。) 
・材料を計量する器等



準備

①片手鍋に●の材料を計量しながら入れる。
 
  バターは細切れにしてあげて、溶けやすいようにしておく!
  かたまりでぼん!っといれない!

e0308337_10321683.jpg
 

②薄力粉はふるって器に戻しておく。(やり方→)粉のふるい方

③卵をわり、フォークで混ぜておく。
 このフォークも後で使うので、一緒において置く。
 常温に。

④絞り袋に口金をセット。鉄板にクッキングシートを準備。

e0308337_10455654.jpg


⑤オーブン200度30分で予熱スタート!


**むっちゃ当たり前のことばっかり書いてますが、作業をスムーズにするために大事な事ばかりです。
スムーズに仕込まないと、失敗の原因にもなります。**





さぁ!作りましょう♪

1 
バター、卵、牛乳、水の入った鍋を火にかけます。
沸騰させないように、まずバターを溶かします
なので弱火で。

  *水たちがバターが溶けるよりも先に沸騰させないこと!
  そのために、バターが少しでも早く溶けるように細切れにして計量しました。
  もし、バターが溶けるよりも先に水たちが沸騰してしまうと、
  シュー生地に必要な水分が足らなくなり
  失敗の原因になります。*


e0308337_9372538.jpg


2 

バターが完全に溶けたら、
ふるった粉を鍋の横においてあるのを確認し(作業のスピードが大事になってくるので)

e0308337_953848.jpg

  
火を強火にし、ここで初めて沸騰させる!
鍋の中心までぶくーっと膨らむくらいの完全沸騰!!

  *この後にいれる粉に火を通してあげるためでシューの膨らみに関係があるのでとても大切!
  でも完全沸騰を超えると吹きこぼれるので目を離さないでね!*


e0308337_9532625.jpg


3   

完全沸騰したらすぐに火を止め、 すぐに粉を一気に鍋に入れる。
e0308337_9561986.jpg


火はまだ消したまま~で、くーるくる混ぜる。
静かに、でも手早く!(勢いよくやると粉が鍋から飛んで行っちゃうので^^;)

e0308337_9592512.jpg


で、粉がなくなりマッシュポテトみたいになったら~
e0308337_1002084.jpg

(生地の見た目はほんとマッシュポテトみたいにザラザラな感じ。)




火にかける!強火で!
で、生地を鍋の側面に打ち付ける!だいぶ力強く!手早く!

おーい!起きろ!!ちゃんと膨らめー!!と。
パンパンパーン!!と!
e0308337_105841.jpg


e0308337_1051917.jpg


時間にしたら30秒くらいかな?

さっきのマッシュポテトみたいな生地表面のとざらつきがなくなりつるんとツヤっとしてきます。

で、火消して

そして

見極めは

生地がつるんとツヤッとしている。
なべ底にすこーし生地の薄い膜がはっている。

e0308337_1095436.jpg



5 
木べらで適当に生地を広げ~
e0308337_10131186.jpg

卵の三分の一の量をいれる。
e0308337_10143141.jpg


ここで卵を一気に全ていれると分離しちゃって混ざらない&膨らまないアーンド失敗。になるので気を付けて!


混ぜる。ぐるぐる。
e0308337_1015772.jpg

最初は混ざりにくいけど、
さらに
ぐるぐる。
e0308337_10165479.jpg

しっかり混ざって卵が生地にしっかり入った(無くなった)ら

残っている卵の三分の一をいれる。

e0308337_1039399.jpg


すなわち、生地に入れていく卵の量は少しづつ減っていくよ!

e0308337_11393466.jpg

意味わかるかな^^;


**入れる卵の量が減っていくのは、卵をいれるたびにどんどん生地がゆるくなってくる。
なので、少しずついれる量を減らしていき卵の入れすぎを防ぐ。
卵を入れすぎてしまうとゆる過ぎた生地になり
膨らみが悪くなったり、うまく蒸気が抜けずふにゃふにゃの生地の原因になる。

で、卵の入れる量はその日によっても違ってくるので
 (雨が降っていたら卵をあまりいれなくても生地の伸びがよかったりする。)
卵の入った生地の完成系を自分の目で確認するほうが
レシピの卵の数字だけを見るよりも失敗は減っていく。**

始めは難しく感じるかも知れないけれど自分の感覚で作って行くようでもあるので、
シュー生地のおもしろいところ!



卵を加えていきつつ、ぐるぐる混ぜていったら~
e0308337_1040897.jpg


生地に伸びが出てきて、さらにツヤッときらんっとしてくる。

そしたら
木べらでよっこいしょー!とたーんまりと生地を載せて持ち上げて~
e0308337_104122100.jpg



そのまま木べらを垂直にする
e0308337_10431077.jpg


生地が、ぼて!!っと
いや、ぼて。。っと(どっちでもいい)
落ちていき~

木べらに残った方の生地を見る!
e0308337_10442875.jpg

逆三角形になっていて三角形の辺がキレイな線になっている!
*この確認を二回ほど行ってください。
そのほうが確実なので。
で、ゴムべらでやってもいいのですが
ゴムべらの方が生地が滑りやすいので本来の生地の状態の確認がしにくいです。
慣れるまでは木べらの方がわかりやすいかも。100均にあるし。というおせっかい。*


e0308337_10465734.jpg


この辺がギザギザギザ~やと、あともう少し卵を入れた方がいい!

三角形もできずにちぎれた感じのようになる場合はまだまだ卵を加えて!

あまりにもスリムな三角形の場合は、、卵入れすぎたね^^;
でも、生地自体がでろんっとならずに保系されていたら、やわらかい生地にはなるけど
シュー生地はできると思うのでそのままやってみてね。
保系もさせてない場合は残念ながら膨らみずらいかな、、TへT


で、残った卵はまだ後で使うのでフォークごとおいて置く!
2個で卵が足らないようであれば割って新しくいれてね!




さぁ!ゴムべらに持ち替えて生地をしっかりとって~
口金をセットした絞り袋にいれます!

e0308337_1121923.jpg


e0308337_1172122.jpg


絞り出し袋に生地を入れる詳しいやりかた、絞りの使い方、載ってます。→


7

用意していたクッキングシート、鉄板に絞ります。

e0308337_11405411.jpg

まず一個目はサシをつかって大きさ確認。
約直径5㎝。

そして、その大きさをみながらどんどん絞っていきます。
e0308337_11425246.jpg

鉄板に垂直に絞り袋を持って~ぐーっと。
絞り慣れないときは左手を添えて。添えるだけね!
(私は右利きです)

e0308337_1143428.jpg


e0308337_11443722.jpg

すっっと手前にぬく。

e0308337_11454074.jpg


シュー生地一個分くらい感覚をあけて絞っていきます!

シュー生地同士が近すぎると、オーブンの熱が充分にあたらず、ふくらみが悪くなってしまいますT_T

もし生地が一回で鉄板に絞りきれなようであれば、絞りぶくろの中にそのまま置き、
(絞り口はラップで包み乾燥しないように。)
温かい場所で待機させてあげ
(冷めるとふくらみ悪いなので。生地が冷める前にオーブンにいれることも大切!)
一回目のシュー生地が焼きあがってから、
すぐに絞って焼いてあげる。


e0308337_1159432.jpg

横から見た図。ぷっくりした感じ。



仕込みで使って余っていた卵を刷毛で優しく手早く!塗る。
e0308337_11595183.jpg

刷毛は、毛が柔らかいもののほうが、生地を傷めつけないのでいいです。
固い毛だと、生地を傷めたり、丸いシューの形を崩しやすくしてしまうので。
ちなみにこの刷毛は百均。ナチュラルキッチンのもの。




手早くシュー生地達に卵を塗ったら、
卵が完全に乾く前にフォークで格子状に模様?を薄く優しくすらっと手早リズムよく♪つける!
e0308337_125233.jpg


e0308337_1255398.jpg


*この作業がシューをまん丸くやくために必須です。
(よってキレイに蒸気が抜け、よりパリッとした生地に。)
まんまるーく、キレイに焼きあっがっておくれ~♪と話しかけながらやると尚、いいよ!

でも、ぼこぼこのシュー生地もあり~って人はこの作業をせずに
シュー生地に霧吹きかけて焼き上げたらいいです。



10

200度に予熱したオーブンに30分いれます。
(我が家のオーブンでは200度ですが温度は190~210℃、時間は数分のオーブン誤差あり。
何度も焼いて自分のオーブンと向き合ってみてくださいね。
あ、この子はここが火が強いんだ!パンの方が焼き色いい?とかオーブンの性格がわかってきて楽しいよ。)


途中、むっちゃ気になってもオーブンの扉をあけちゃダメ!!!
膨らもうとしていた生地が、しゅんっっ。(;_;)となってしまい
もう膨らむやる気はないシュー生地になります。T_T

開けたくても、少なくとも25分は我慢!

11

30分経って、しっかり茶色く色づいて、ふくらんでいたらOK!
まだ色が薄かったら鉄板の手前と奥を返して数分足す。

焼きあがり~(^^)/♪♪♪

e0308337_13263634.jpg


裏は、、、

e0308337_1327073.jpg


ちなみにシルパットでやると、、
e0308337_13275710.jpg

ふくらみはいいけど、
e0308337_13281982.jpg

底がどうしても薄くなり穴が開きやすいT_T


さてさて、中身~

e0308337_13291491.jpg

この中のわたは邪魔ならクリームいれるときにでも
手でとってね。

e0308337_1011564.jpg


はい!
そんな感じのゆ季のシュー生地です♪

えーと、牛乳、砂糖、塩はいれなくてもできます。
その際、牛乳は水に変更してね。
ただ、味の奥行がもの足りなくなります。

で、私は中に詰めるカスタードクリームをキビ砂糖で仕込んでいるので
合わせるためにシュー生地にもキビ砂糖をいれています。

水を牛乳に変更しても出来ますが膨らみがいまいち悪くなります。


あ!そうそう!
近いうちに、バター無でもおいしく、
ここに載っているシュー生地と変わらずおいしいレシピも書く予定です!
試に旦那に食べてもらったら全然気づかなかった(笑)
まぁ、生クリーム使うから原価的にはあまり変わらないですが^^;
おいしかったので、書きますね!

あと、きび砂糖のカスタードクリームも^^




ここに書いた全てが、私の知る限りのシュー生地です。
なるべく細かく書いたつもりですが、やっぱり字と写真だけでは限界があるT_T

やっぱりその場で見て作るのが一番わかりやすいもんね。
あと何度もやってみること。
お菓子教室しようかな~。と思う瞬間。このつくる楽しさを知ってほしい!


何度も何度も焼いて、自分のシューを見つけてみて下さいね^^

また、
私はこのハードな生地が好きですが、
また違った食感や味、を目指しているシュー生地のレシピもたくさんあります。

いろんな考え、どういう風に焼きたいか。を考えながら作ることも大切やと思います。
そしてどう食べたいか。食べさせたいか。も。

いろんな人の想いあるレシピを見てみるのも楽しいし、タメになると思います^^

あ~この人はこんな風に焼きたいのか!とかね。


ではでは!
長ーい文を読んでいただきありがとうございました!
(読んでくれた人いつのかな?^^;)


ブログ村のランキングに参加しています。
押してくれると嬉しいです^^♪

よろしくおねがいします^^↓

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村

ありがとう^^
ゆ季
[PR]



by gateaux0141 | 2015-08-06 10:53 | レシピ

レシピ。きびカヌレ。(今の私のカヌレ)

e0308337_1132946.jpg


カヌレが好きです。

食感のコントラストがはっきりしたもの。

外バリっと中はもっちり。

それから、ラムと焦がしバターの香り。

たまに、香るバニラ、、。

ただ、前の記事
(↑できれば読んでいただけると嬉しい。押すと移動します。)で書いたように、カヌレにたくさん入る砂糖については考えたいところ。


生きていく中で、

日々過ごす中で、

知ることも増えていって。。

それで、やっぱり、レシピも生きていて。

変動します。

ありがたいことに、カヌレのレシピを見て下さっている方が
毎日のようにいるみたいで。

マニアックなものやから、レシピをこのブログにかいた時も
あんまり需要ないかなぁ。。

と思っていて。
でも、やってみるものですね。

こんなマニアックなレシピを見てくれて、ありがとう。


ってことで、

今の私のカヌレレシピをアップします。

と言っても、作り方は前と同じ。

私のお菓子は、特別な日に食べてほしい、というものより、
日々の日常の中でほっこり幸せ時間。そんな時に食べてほしい。

そんな思いで作っています。

やから心だけではなく体にもできるだけ心地いいものを。

作る工程のなかで、便利だから、都合がいいから。
だけではない、
もちろんそれに頼る時もあるけど。こっちの方が絶対おいしい!と確信したなら使います。

そんなものを心を込めて作りたい。

食べてほしい。

はい。

むっちゃ前置き長いですが^^;

この、

今、書いた気持ちも私のカヌレの一部のレシピです。


レシピって書いて落とし込むと、
どーしても、数字にだけになってしまう。

数字だけにとらわれてしまうお菓子作りが多い気がする。

数字は菓子作りの一つの方向性。

目の前のその、生地を見ることも大事なことやし、

だから、こう混ぜて、こういう所作で作るよ。っていうものもあるし。。

あぁ、あかん。


話たいことがありすぎる。^^;

はい、

てことで

数字のレシピです。(笑)

【きびカヌレ】
カヌレ型5個分(直径6.5×高さ5.5cm)

牛乳 250g
バニラオイル 2滴
薄力粉  55g
キビ砂糖  100g
卵黄  20g
全卵  10g
ラム酒  20g
焦がしバター  15g




はい、変わったところは

砂糖だけ(笑)

こんなにひっぱといてそれだけかい!

って感じですが^^;(ごめんなさい)

キビ砂糖はミネラルも豊富で、コクもある。

ラムとも相性よくて、

どちらも個性強いから強すぎるカヌレになってしまうかなぁ。

と思ったんですが、案外仲良くなって

より、カヌレにコクと、風味、バッリッと感も増えました^^

砂糖の量は10gほど減っています。

それでも、バリッと感も損なわれずに逆においしさも増した気がします。

作り方は

←これをクリックしてください。
前書いたレシピに移動します。

所作は全く変わらないので。で、そこに全て私の想い、所作、書いてます。
(少し追記しました。)


はい。

これが今の私のカヌレです。

前にも書いたけど、これが今、私の知っている経験する限りのカヌレです。

また、変わっていったら載せますね。

誰かの参考になれば幸いです^^

質問等、あればコメント欄にお気軽に書いてくださいね。

出来る限りで答えます。

わからんかったらごめんなさい^^;



***

読んで頂きありがとうございました!!

レシピやのにつらつらと書いて、普通のよくあるレシピを期待していた方がいたらごめんなさい。

でも、このつらつらもレシピの一部やと思っています。

やっぱり、思い入れあるものやし、
粗末に扱えない。。

ほんと、最後までよんでいただきありがとうございました^^!

ゆ季




ブログ村のランキングに参加しています。
下のボタンを良かったら押してくれると嬉しいです^^♪

よろしくおねがいします^^↓

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村


ありがとう!!!
[PR]



by gateaux0141 | 2015-07-05 12:21 | レシピ

紅茶を煮出したミルクティークッキー。(ひさびさレシピ!)

e0308337_104217.jpg


おはようございます!

今日は久々のレシピブログでございます^^

何度かブログにも登場しているミルクティークッキー♪

大学時代の友達からレシピ教えてー!と嬉しいコメントがきたのでのせます♪
おまたせー!

e0308337_10462046.jpg


ちなみに枚方56市にも登場していました♪


混ぜるだけなので、道具も少ない♪
興味ある方は作ってみてね♪

*この時、あゆむをおんぶしながら一人で作って、一人で撮影しているので、ぶれてたりわかりにくいかもしれません^^;


e0308337_10481166.jpg



●アールグレイを煮出したりしたミルクティークッキー●

●材料●
約3.5cm23個分

★牛乳 45g
★茶葉 2g(1袋) アールグレイ

バター 62g
塩 1つまみ
粉糖 19g

●薄力粉 100g
●アーモンドプードル 13g
●粉糖  13g



準備 
1、バターを常温に戻しておく。
  指で押すとプニッとなるくらい。

  写真が載ってます→急な来客にも♪簡単サクほろクッキー(才能応援プロジェクト 料理家部門)


2、●の材料をまとめて荒めのザルでふるう。
(細かすぎると、プードルの油がでてくるので)

3、オーブン170度20分で予熱


作り方
1、★の牛乳と茶葉を鍋orフライパンに入れて、火にかける。
  完全沸騰(中心まで牛乳が溢れて)きたら火をとめる。
  そのままおいて置く。

e0308337_10581530.jpg

火にかける前。

e0308337_10584233.jpg

火にかけた後。

2、バターをボールにいれ、ゴムべらですり混ぜる。

3、塩と粉糖をいれる。
  ゴムべらですり混ぜる。

e0308337_113357.jpg


e0308337_1135352.jpg


4、 1の牛乳たちを、少ーしずついれて、ぐるぐるスリ混ぜる。
   
   だいたい10回くらいにわけて。
   一気にいれると、油分(バター)と水分(牛乳)なので、分離の原因に。
   また、牛乳が温かいうちに入れ切るのがベスト!
   混ざりやすいから。
   でも、熱すぎるとバターが溶けて、クッキーが固すぎる原因になるので注意! 



e0308337_119572.jpg

すこしずついれてー

e0308337_11101676.jpg

すりまぜる
e0308337_11103153.jpg


e0308337_11104363.jpg

全部、牛乳が生地に入って混ざった状態。

5、ふるっていた粉達を4に入れる。
e0308337_11123711.jpg

 
6、ゴムべらを縦にもち、上、下、上、下、と動かす。
  それと同時にボールも反時計回りに30度くらい、リズムよく動かす。
  1,2,1,2♪リズムよく♪
   
練らない!(食感固くなる。)
e0308337_1437518.jpg

こんな感じね。

 同じ混ぜ方のクッキー→急な来客にも♪簡単サクほろクッキー

7、だいぶ混ざってくる
e0308337_14395212.jpg


8、そしたらスリ混ぜる!
e0308337_14402347.jpg


9、まったく粉気がなくなったらOK!できあがり♪
e0308337_1441717.jpg

こんな感じね♪

10、絞り袋に生地をいれます。
e0308337_144239.jpg

手をこうして~

11、袋をしっかりひらくのがポイント!生地が袋にひっつかないようにするため!
e0308337_14424493.jpg


12、生地いれまーす!
e0308337_14434535.jpg

袋をもっている手の親指にゴムべらで生地を擦切る感じ!

13、全部生地入れたら
e0308337_14454083.jpg

カードやものさし等で、生地をしっかり寄せ集めて~

14
e0308337_14471560.jpg

とじ目をくるっとし、
しっかり絞り袋がはった状態でもつ。
もし、はってないまんま絞っていくとよけいな空気が絞り袋の中に入ってしまい、
生地を出すときに、空気も一緒に出て、ボフッとなり(なんて言っていいかわからん^^;)、生地の形崩れる。


15 絞りまーす!
e0308337_14514265.jpg


生地をちょんっと出して~
e0308337_1452364.jpg


e0308337_1452207.jpg


e0308337_14531041.jpg

e0308337_14532982.jpg


e0308337_14535223.jpg


くるんっと。
右手で絞って左手で写真撮っているからちょっとわかりにくいかも^^;

でも、絞りは基本、片手の手のひら(私は利き手が右なので右手)を
使って絞り袋のはった部分を押し出す感じです。
(やから、絞り出す時はいっつもはった状態ね!)
左手は添えるだけ!

ユーチューブとかでも絞りは検索したら出てくるので見てみてね♪

e0308337_1544122.jpg


16, 170℃20分焼いて、その後130度5~10分で焼く。
   (オーブンによって、温度、時間変わってくるので調整してください。)

   このクッキーは真ん中が火が入りにくいので、130度で外側は焦がさず、
   しっかり中まで火を通すイメージです。

17 出来上がり~♪
e0308337_154185.jpg



食べごろは、粗熱とれてからそのまま置くのであれば焼けて2日めくらいまでです。
(湿気てくるからね。)
シリカゲルなど入れて保存するのであれば5日くらいは美味しく食べれます♪


以上でーす♪

食べたら、ふんわり。やさしいミルクティークッキに癒されますよ~^^

読んで頂きありがとうございました♪

ゆ季

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
押して頂けると嬉しいです♪
[PR]



by gateaux0141 | 2015-04-17 11:15 | レシピ

ごろごろワイルドキッシュ!

e0308337_10464683.jpg


こんにちは!
ゆ季です^^

とうとう3月になりましたね!
でもまだ寒い。。早く暖かくならんかなーと思う今日この頃です。
昨日も大阪は雨で寒く、おうちからも出れず、もんもんとしとりました。
1日1回外に出ないと私もしゅうもストレスたまるタイプです^^;
結局、あゆむを旦那に預け、しゅう君と2人で少し傘をさしてお散歩しましたが^^;

で、体をとーっても冷やして帰ってくるハメにあったのでT_T、
お昼はあつあつの具材ごろごろキッシュにしましたー^^

パータフォンセがまだ冷蔵庫に眠っていたのでそれを使ったのでお気軽に♪

と、いうわけで、
才能応援プロジェクトは終わりましたが、おいしかったので、一応レシピアップします♪

材料  4号型 1台分
(直径 約13cm×高さ6cm)

パータフォンセ

卵 Mサイズ1個
牛乳 140g


(具材)
ほうれん草 2ワ
トリもも肉  1枚
マイタケ1パック
粉チーズ 5フリ
ミックスチーズ  適量


1 パータフォンセは、敷きこんでおき、冷蔵庫で1時間以上休ませておく。

   (時間ある時にやっておくと便利♪)

e0308337_1131621.jpg


オーブン190度50分予熱開始!

2、鶏肉、ほうれん草、マイタケを1口大に切る。

3、鶏肉をテフロンフライパンで油引かずに炒める。

4、火が通ったら、マイタケ、ほうれん草を加え炒める。塩コショウする。

5、野菜たちにも火が通ったら、粉チーズ5フリ(それ以上でもOK!)!してからめる。
  これ、おいしくなる秘訣♪(NHKのクックルンでやってて、やってみたらおいしかった♪)
  これだけで簡単おかずになる♪


6、 フライパンで冷ましておく。
e0308337_1113462.jpg



7、卵をボールに入れほぐし、そのあと牛乳を入れて混ぜる。
e0308337_11145461.jpg


8、6をしきこんでおいたパータフォンセにいれ、そのあと7をいれる。
e0308337_11165352.jpg


9、ミックスチーズパラパラーっと!
e0308337_11173290.jpg


10、 190度50分で焼きます♪

11、 焼けたら、そのまま型のまま冷まします。
e0308337_1119586.jpg


12、粗熱が取れたら、チーズが型にひっついている所は
   ペティナイフやパレットなどでガリガリっととってから型からスーっと外す。
e0308337_11222074.jpg

 (これはタルトリヨンの写真やけどこんな感じで外します。)

13、でカットして食べまーす!!

e0308337_11244165.jpg



「なんか、ワイルドやな。。。」と、旦那からお褒めの言葉をいただきました^^;

ほぼなんやけど、(やから切りにくいんやけど^^;)おいしいょ~♪^^


具がごろごろ、

マイタケのキノコ感に肉厚ほうれん草の青々しさ!(ちぢみほうれん草やから尚うまい!)
ジューシーな鶏肉。。

それらにチーズがからんで、もう、うまい~!!

パータフォンセのザクザク食感と塩気もいい感じ♪

高さのあるキッシュも、なんかおいしく感じる♪

はまりそうです^^


。。。

相変わらず、一瞬でなくなりました。。^^;

今日も読んでいただきありがとうございました!

下のボタンを押して頂けると嬉しいです^^

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
[PR]



by gateaux0141 | 2015-03-02 11:41 | レシピ

焦がしバターのバナナケーキ!(才能応援プロジェクト 料理家部門)

【才能応援プロジェクト】ブログを書いてプロをめざそう!

e0308337_950623.jpg


こんにちは♪
ゆ季です^^

今日は、焦がしバターのバナナのパウンドケーキのご紹介^^

この前ご紹介したしっとり香ばし!くるみパウンドケーキ♪とは、また違う作り方のパウンドケーキです。


パウンドケーキって1つの作り方しかないと思っていませんか?
同じ、パウンドケーキっていう名前でも作り方はいろいろあるんですょー^^
そして、作り方によって、同じ材料でも味、食感、風味に違いがでる。
そこを知ってほしくてレシピアップします♪
違いがわかれば、さらにお菓子作りが楽しくなるょ~♪


私は混ぜ込む具材によって、その具が生きた作り方を考えて、試作するのですが、
その作っている間、考えてる間がとてもワクワクします^^

そこもまた、お菓子のおもしろいところです。



では、材料のご紹介♪

焦がしバターのバナナケーキ^^

全卵 110g(Lサイズ2個くらい)
きび砂糖 70g
塩 1つまみ
薄力粉 80g
バナナ 100g
(1本半くらい)
バター 70g


準備
1、 薄力粉はふるっておく(粉のふるい方

2、バナナはゴムべら等で潰しておく。

3、きび砂糖の器に一緒に塩を1つまみ入れておく。
e0308337_1044328.jpg


4、パウンド型にバター粉を塗っておく
  詳しいやり方→パウンド型にバターと粉をする。

5、オーブン180度20分で予熱。


作りましょう♪


1、バターを、フライパンに入れ、焦がしバターを作る。
  やり方→焦がしバター
   出来たら、フライパンのままおいて置く。

2、全卵をほぐし、そのあときび砂糖、塩をいれ、ハンドミキサーで高速で泡立てる。
  泡立て方→卵のすばやい泡立て方。


3、泡立ったら、低速にして、泡を整えるようにゆーっくりハンドミキサーを回す。
  見違えるほど、キラッとしてきます♪わかると楽しいょ♪
e0308337_10121327.jpg

 キラッとさせるのは、泡立ちを強くして、きめの細かい、しっとりした強いケーキにするため。


4、粉を静かに入れて混ぜます。
  (どーん!っといれると、せっかっく泡立てた卵さんたちが、しぼんじゃう。)
  混ぜていくうちに、カサは少し減ってきます。
  粉の混ぜ方→粉のまぜかた(下から上へ!)
e0308337_10214186.jpg

e0308337_10232415.jpg


5、混ざったら、1で作った焦がしバターを一気に入れます。
e0308337_10241273.jpg


6、で、粉と同じ、下から上の混ぜ方で混ぜていきます。
e0308337_10245425.jpg

  最初は混ざりにくいけど、混ざってきます。
e0308337_10252826.jpg


7、 潰しておいた、バナナをいれて下から上のやり方で混ぜ、準備しておいた型に入れます。
e0308337_10263459.jpg


8、180度20分→その後160度20分で焼きます。
  オーブンによって性格はちがいます。なので、温度も時間も少し誤差があると思います。
  イメージはガツンと一気に火を入れて膨らませ、
  中身をじーっくり、しーっとり焼くイメージです。
  菓子を焼くときは、オーブンの数字を先に追うよりも、こういうイメージをもって、
  どんなふう(食感とか)に仕上げたいかっていうのが大事やと思います。数字でなく、1つの生きたものとして接してあげること。きっとそうすることで、菓子も喜んで美味しくなると思うんです。



9、焼けたら、型を台にたたきつけて蒸気を抜いて取り出し、網の上で冷まします。
e0308337_10415992.jpg

e0308337_1032049.jpg


10、粗熱がとれたら、きっちりラップしてあげて涼しいところで保存。

食べごろは焼いた次の日が材料達が馴染んで美味しいです^^
焼いた日いれて、3、4日まではおいしくいただけると思います。
e0308337_10422040.jpg


焦がしバターをつかったのは、香ばしいバターの風味コクがでてバナナととても合ったから。^^
これに、濃いめのコーヒーがとってもあいますょー!
とーってもしっとり。。の中にバターのコク。。そして、バナナがじゅわ~っと。

くるみパウンドケーキ♪とは、また違った、風味に食感、味わい。。

是非是非、ためしてみて下さいね♪

e0308337_10432812.jpg


才能応援プロジェクトも今日まで!
最後まで、読んでいただいた皆様、応援してくれた人、
そして、大切な時間を使って作ってくれた方々、、ありがとうございました!
とっても嬉しかったです。
この企画が終わっても、ちょくちょく、レシピだしていきますね!!

2015.12.11追記。

最近は4号缶、直径約13cmでこのケーキを焼いています。

より、しっとりし、
ケーキの切り方によって舌にあたる食感、がいいなぁ💕と思ったから。
材料は三温糖→きび砂糖に変換しました。

他の材料、配合、作り方は全く一緒です。
温度は設定温度が170度の40分。

パウンド型とはまた違った食感。
試してみてくださいね😉

[PR]



by gateaux0141 | 2015-02-27 10:51 | レシピ

大阪北区のザ都会のど真ん中から徳島の田舎へ移住。2018.11.15焼き菓子屋そぼくな。オープン!
by ゆ季
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

【チョコとコーヒーのcake..
at 2018-12-14 12:59
天然記念物
at 2018-12-14 10:09
進む、直す。進む、直す。
at 2018-12-13 15:54
自力で立つってこと
at 2018-12-10 12:25
主役ぢゃなくって脇役です。
at 2018-12-02 17:28

外部リンク

ファン

ブログジャンル