人気ブログランキング |

そぼくなおかし。おかしなブログ。

二人の作り手


朝9時ごろから
ぶっ通しで焼いてたらもうすぐ15時やね^^;


仕事って重なるとき重なるよね
って重ねたの私。(笑)

でも楽しいんよねひたすら焼くの。
。。。
。。。
。。。

私の中の一人の作り手はね。



無になれるんよひたすら集中して焼く。

最近知ったんやけど
フロー状態っていうんやね、そういうの。


これめっちゃ楽しいねん、
けどこれ、やりすぎたら
集中力、ありったけ、使うから
他なんもできひんくなるねん。(笑)
作ること以外
ほかなにすべきやったこも忘れる。

もちろん家事なんてできないよ。
だって足で立つことも出来ないのだから。(笑)

今日はまだ6時間?やから与力はあるけれど

これ毎日何十時間ってやったらほんと
焼くしかできなくなるんよね。

あ、私はね。

っで、

判断能力落ちてくるから

素材選びも
結局作ることも
お客さんとのやり取りも
スタッフとのやり取りもテキトーになんねん。

悪循環の幕開けですな。
好きなことしてるのになんでやろー?
て状態はこれね。


で、
もっと真剣にお菓子と仕事に向き合いたい
もう一人の作り手が

ただたくさん焼きたい作り手と

ケンカしだすんよね。

そしたら頭パニーック!


みたいなのを
雇われ時代やってました。
頭の中で。


で、

今は先に書いたように
ちゃんと説明できるけど
店始めたばかりのころは
この二つの視点をもった
二人の作り手が自分の中にいることを
わかっていなくって。

でも、ただ
あの雇われのときのようなもやっと感はイやだー

ってだけわかってて。

動き出したのです。


ただ、そのもやっとがいやで
そのもやっとは回避したい!

そんな感じ。

でも

たくさん焼きたい自分と

一つ一つ極めたい自分がいる。

ことには気づいていない。
(そして旦那はそんな私に気づいているのにだまっている。相変わらず(笑)。コノヤろー)

どっちも
本当の自分の気持ちで。

でも
どっちもは真逆の行為やからそれを同時にやると
自滅するんですよね。

はてさて、
それから二か月半悩む悩む。(笑)

最初は経営者の自分と
作り手の自分がケンカしてるんかと思ってた。

けどこれじゃぁなかなか解決しない。

そしてまた店しながら
考え考え、、、

やっとこの二人の作り手が出てきたんですよね。
自分のことやのに時間かかる。かかる。(笑)

で、
次はどっちもやりたいんやけどー
に、なる(笑)


それでもまたもんもんとして。

私はこの店で
何をやりたいんやろう?

菓子をとして人生としてなにをやりたいんやろう?
菓子を作ること
表現することは
お金が無くなっても私はやる。焼く。
(実際結婚したてのときも育休でお金ないときも
どうしても焼かずにはいられなかった。)
菓子を焼くことは切っても切り離せないくらい
私の一部。
ただ焼くだけは嫌だ。
そこに限りある時間が付随するから。
大量生産、その時はたのしい。
けどこれ一時的な快楽というか。。
店を約二か月半やった今
なにが心動かされ、
未来の自分、子供たちにとっていいとおもったか?
安売り、大量生産ではなく
ひとりひとりの食べてくれる方と
話す会話。
そこから生まれる
熱をおびた想い、、
もっとおいしいものを作ろうという
信念。
もっと社会をよくしたい。

これは安売り大量生産やと
実現できない。
もちろんたくさんのかたに
食べてほしい思いはめっちゃある!!
だって私のほうがおいしいのに!!
てめっちゃ思う時あるから(笑)
安売り大量生産型に
なってしまうと
いっきに広まる可能性は一つ広がるかもしれない。
けど
ぜったい買っていただいた
全ての方に気持ちを伝える
(言うんじゃなくて伝える)ことは
おろそかになる。
自分自身がお客さんを
お菓子、パンを
粗末にしだすと思うのです。
お金に追われる自分もいる
たくさん焼くことをやりたい自分も
もちろんいる。
けど
いまそれやったら絶対ちがう方向にいく。

やっぱり
私は一人ひとりのお客さんと
真剣に向き合いたい。
安売り
大量生産はしない。
私は
ご縁があって食べてくれるすべての方に
ちゃんと届けたい。
だから
生命力あふれる素材を使いたい。
だから
技術も
メールで書く、話す想いも妥協したくない。
食べてくれる方の会話からの背景も
ちゃんと読みとりたい。
この時間も私の菓子の一部です。
ここ、
お客さんには
見えないけれど。
でもずっとたいせつにしたい。



最初ははやく有名になって
どかんと売れて
はやく安定したいと思ってた。

けれど
それ、見た目だけ。

早く泡立ったメレンゲはすぐにつぶれる。
もろくなる。

チョコレートと生クリームの
乳化のように
少しずつ
輪を広めていくんだ。

やさしくって
確実な輪を。



お客さんからしたら
たかが人生で食べる
一個の
パンや菓子。
であっても
私は
絶対妥協しない。

いつも真剣に向き合いたい。

と作り手の私たちと議論した結果まとまりました。


ので、もう悩むのは終わりです。

この信念を貫くのみですね。

きっとうだつマルシェでも浮くことでしょう。

いいんです、

今の飲食の在り方ではないやり方を
やるために。

新しい働き方
ルールをつくるために
私は店をだしたのだから。


読んでくれてありがとう
ゆ季












by gateaux0141 | 2019-01-31 15:28 | 思うこと

大阪北区のザ都会のど真ん中から徳島の田舎へ移住。2018.11.15焼き菓子屋そぼくな。オープン!
by ゆ季
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧